ボストンでの留学日記


by appa_boston
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

国際交流の輪

実は、月曜日に履修している国際交流教育の授業にて、留学プログラムを運営しているオフィスの人にインタビューをしなさいという課題がでました。この課題については、学期が始まった時点で知らされていたのですが、昨日、なるべく皆が同じ大学又は留学機関に連絡を取らないよう、それぞれがどこの機関にインタビューを申し込もうとしているか発表しました。

先生も、特にコンタクトを取る先が思い当たらない場合は、私の知り合いを紹介してあげるからとお話されていたのですが、私は、以前お仕事で連絡をとらせていただいた協定校の方に、まずは連絡を取ってみようと、昨夜メールをしてみました。ただ、その方は、大学付属の英語学校勤務のため、その方を経由して、大学の留学プログラム担当オフィスの方を紹介して頂けませんかと伺いました。





すると、翌日(今日)には、その方から了承の旨のメールが一通と、その方が留学プログラム担当の方へ、私の課題を手伝ってもらえるかどうか問い合わせているメールがCcで入ってきました。それだけでも、感激だったのに、今日のうちに、連絡をとってくださった3人のうち1人が既に連絡をくださり、インタビューを快く受けてくださるというのです(涙)!!東海岸から西海岸へインタビューしに飛ぶわけにはいかないので、もちろん電話でのインタビューになります。電話って一番苦手なのですが、リハーサルをたくさんしてインタビューに臨みたいと思います。

この学校に来て、まず先輩達に教えられたのが、この世界(国際交流)は、コネクションが一番だから、なるべくいろいろなミーティング(ボストン近郊にある大学が集まって月に1回、それぞれの大学が抱えている問題点等を話し合う)や学会に出席して、顔と名前を覚えてもらうようにということだったのですが、本当にコネクションのありがたさがわかった一日でありました。

クラスメートの一人が、以前留学をしたことのある大学にインタビューを申し込もうとしていたのですが、連絡先がわからないとのこと。その大学は、私の勤めていた大学の協定校の一つだったので、ちょっとメールをして連絡先を聞いてみたところ、オフィスの住所、電話番号、代表メールアドレス等、その日のうちに返信が来ました。本当にありがたいです。

持つべきものは国際交流の輪!こうやって、みんなで助け合い、支えあい、お互いさまの心を持って接していければ、きっと世の中もっと平和になるんじゃないかなと思いました。

世界に広げよう国際交流の輪!!思いやりの輪!助け合いの輪!わ!わ!
[PR]
by appa_boston | 2006-02-07 21:38 | 感じたこと