ボストンでの留学日記


by appa_boston
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

平山選手ホームシックで帰国

Excite エキサイト : スポーツニュース

サッカーの平山選手が、ホームシックで帰国したとのニュース。留学生のカルチャーショックについてリサーチをしている私としては、「おっ!」と興味を引かれてしまいました。このニュースについてコメントをしている方たちのブログを見ると、がんばりが足りない等のマイナスナ意見が目立ちました。

私としては、平山選手をサポートしてしまいます。きっと、本人にとっては、かなり辛いものだったんだろうなぁって。私もアイオワにいた頃は、ひどいホームシックに悩まされました。特に長期連休に入ると、休み明けにペーパーの締め切りがあるため、どこかに遊びに行くこともできないし、アメリカ人学生はみんな実家に帰ってしまい、寮はしーんと静まりかえってしまうのです。そんな中で一人勉強をしていると、なんともいえない孤独感に襲われて、よく淋しくなって泣いていました。



文化が異なる分、そして言葉がうまく操れない分、自分が言おうとしている一言が相手を傷つけないか、自分の行動のひとつひとつが、相手に不快感を与えないかとか、些細なことをよく気にしていました。そんな小さなことの積み重ねが、ストレスになってしまって体調を崩すこともあるのです(実際、私は病院にお世話になったものね。)。

当時、交換留学生としてきていた日本人の男の子がいたのですが、「もうピザを見たくない。でも、毎日チャイニーズ(日本食屋さんがなかったので、チャイニーズに行くしかお米を食べる手段がなかった。)にも行ってられないし。」と言って、食事の違いについていけず、ほほがげっそりこけてしまって、青白い顔をしていました。見かねたわたしは、日本から届いたばっかりのレンジでチンするごはんとお漬物で、おにぎりを作ってあげました。そしたら、泣いて喜んで食べたのです。

なので、志高く海外に出たけれど、生活になじめず帰国してしまう人たちのことを、私はなんやかんやという気にはとてもなれないのです。海外で暮らすって、慣れてしまえばどうってことないことだとも思うけれど、慣れるまでは非常にパーワーがいること。合う合わないもあるだろうし、国が違えば、がんばってプレーを続けられたかもしれないし。自分の力が100%発揮できるところでプレーが出来ればそれが一番いいんじゃないのかな。皆さんはどう思いますか?
[PR]
by appa_boston | 2006-09-08 11:32 | 感じたこと