ボストンでの留学日記


by appa_boston
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

キャリアカウンセラー

今日は、私の通うキャリアリソースセンター(就職課)主催の、インタビュー(面接)講座が開かれたので参加してきました。こちらでインターンシップ先を探す際や就職活動用に、アメリカのインタビューではどのようなことが質問として聞かれるのか、またその答え方、服装や握手の仕方など、いろいろと教えていただき、ためになることが多かったです。やはり、今までに社会経験があるとはいえ、日本のやり方が通用しない場合もあるので、留学生向けに、このような講座を開いていただけると非常に助かります。

そこで、ふと気がついたのですが、今日お話をしてくださったスタッフの方は、ご自分のことをキャリアカウンセラーとご紹介されました。こちらでは、大学の就職課の中で、専門職としてキャリアカウンセラーというポジションが確立されているのですね。私が将来仕事にしたいと思っているInternational Student Advisorもそうです。留学生アドバイザーとして、専門のポジションが確立されています。逆に学生を海外に送り出すStudy Abroad OfficeもStudy Abroad Advisorとしての専門職の口があります。その分野での専門知識を持ったスタッフがいるというのは、日本の大学と異なるところだなと思いました。



日本の大学でも専門職のポジションを設けているところはありますが、大多数の大学は専門職のポジションがないと思います。アメリカのように、常に人の流れ(異動)がないのも、隣の部署が何をやっているのかわからないという現象が起きてよくないなと思うのですが、異動して仕事に慣れてきた頃に、また異動になる日本のシステムも、どうにかしなければいけないのではと思ってしまいます。専門職と一般職がうまく共存して働けると、業務の流れもスムーズにいくし、学生にとって必要な情報を提供できるオフィスとして機能できるのではと思う今日この頃です。
[PR]
by appa_boston | 2006-10-17 20:30 | 英語・新しい表現