ボストンでの留学日記


by appa_boston
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

やっちゃった(><)!

本日、二度目の投稿(て、いいながら、実は翌日8日に投稿してます。)!今日、甥がフットサルの日だったので、姉と一緒に迎えに行きました。姉のママさんお友達とお話しながら、甥の教室が終わるのを待つのもなぁと思って、一人体育館のロビーで待っていたときのことです。そこに、南米系と思われるお父さんが息子さんを迎えに登場。そこで目が合った。無意識のうちに、ニコっと笑って挨拶をしてしまった。むこうも、ちょっと驚いた感じでニコっと返してくれた。

その瞬間、「あ、やっちゃったー(><)。ここは日本だった!!」と気づく。あはは。アメリカの大好きな習慣の一つ。知らない人でも、目が合えばすれ違いざまニコっと笑って「Hi!」のご挨拶。ボストンは都会なので、挨拶してくれる方もアイオワに比べると少ないのですが、それでも残っている習慣の一つ。

私、これアイオワから帰ってきたときも、習慣づいてしまっていて、なかなかぬけなかったのですよね。帰国直後は、日本人に対してもニコってしてしまって、変な人だと思われていたに違いないと思っています。そして、日本人に対しては、挨拶をしなくなったまでも、どうも海外から来たと思われる方をみると、ついつい条件反射で挨拶してしまう日々が続いたのです。



そして、一度、デパートでイタリア人男性と目が合って、挨拶してしまったら、大勘違いされてしまって「お茶飲みに行こう!」と誘われて大変な思いをしたのです。誘いをかけたつもりはなく、単純に挨拶だったのですが、日本人は、他人と道で遭遇しても挨拶はしないと思っている海外の方から見たら、私のような日本人は珍しく、嬉しかったのかもしれないですね。その場は、なんとかしのいだのですが、それ以来、気をつけなくちゃーと思っていたのでした。なのに、やっちゃったぁ・・・。

でも、いっか。私もボストンに行ったばかりの頃、現地の人が、全然挨拶してくれなくて淋しい思いをしたっけ。だから、私みたいなのが一人いるくらいの方が、向こうも嬉しいかもしれない。なんちゃって。帰る道々、姉と甥にその話をしたら、甥が「〇〇くんのお父さんだー!」って言ってました。あはは。また甥を迎えに行ったら会えるかしら?笑顔でつなげよう国際交流の輪(って、どっかで聞いたことあるフレーズだなぁ・・・。)!
[PR]
by appa_boston | 2007-05-07 23:59 | 感じたこと