ボストンでの留学日記


by appa_boston
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

アジア人という意識

今日、電車にたくさん乗った。2回ほど乗り換えての遠出。帰国後、電車に乗るのは、これで3度目くらい。ようやく周囲がアジア人だらけの環境に慣れてきた。帰国後、初めて電車に乗った時は「うわ!アジア人だらけ!しかも、スーツが一杯!」と思ったのだけれど、今日は、そんなに驚かなかった。

家に帰って早速そのことを話したら、「アジア人じゃなくて、日本人でしょ。」と言われた。「でも、中には日本人じゃない人だっているだろうし、日本人もアジア人じゃん。」と私。

私も、アメリカに行くまで、自分がアジア人だという認識は非常に低かった。どちらかといえば、アジア人である前に日本人であり、それ以外の何者でもなかった。だから、アメリカで一派一からげにアジア人といわれると、違和感を覚え「日本人だもん!」と大和魂を丸出しにしていた。

確かに、同じアジア人でも、外見で、国籍を判断することは可能ではある(たまに難しいけど。そんな私も、アジア各国に行くと日本人とは決して思われない。中国系〇〇人に見えるらしい。〇〇は、その行った先の国名が入る。)。だけどね、日本にだって、たーくさん、その他のアジア各国からやってきている人々がいるのですよ。だから、電車の中にいる人全てが、日本人とは限らない。だからアジア人て言ってみたんだけど、私の家族も私同様のアジア人である前に日本人というidentityが確立されているらしく、このような返事でした。みなさんは、どうですか?やはり、アジア人というより、日本人ですか?もしそうだとしたら、その思いは何処から来るのでしょう?探求してみたら、結構おもしろいかも。
[PR]
by appa_boston | 2007-05-10 23:59 | 感じたこと