ボストンでの留学日記


by appa_boston
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アメリカ最後の夜

みなさん、こんばんは!本日は、アメリカ最後の夜です(でも、洗濯してます<笑>)。NAFSAは金曜まで続きますが、私は明日で帰国です。今日のセッションは実り多いものが多く、かなりご満悦状態でした。

インターンシップ先のスーパーバイザーとも会えたし、コンサル君&コンサルちゃんが通っていた日本の大学のスタッフの方にもご挨拶することができました。あぁ、よかった。残念だったのは、日本で働いていた頃にやりとりをしていたオレゴンの大学のスタッフに会えなかったこと・・・。残念でなりません。去年は、モントリオールで一緒にごはん食べたのになぁ・・・。派遣していた日本人学生のよきお母さんという雰囲気の方で大好きなのに・・・。

夜は、クラスメートと食事を取り、そこにもとルームメイトを呼び寄せバイバイをしました。ルームメイトも、世界各国にボランティアを派遣する仕事をしているのでNAFSAにきているのです。明日は午後の便で帰るため、みんなは午前中のセッションに参加すると思っていたみたいで、私がセッションに行かずに帰るといったら「え~!!」との反応が。明日の午前中は、アイオワ時代に知り合ったミネソタ出身の友達と会う約束をしているので、NAFSAには行かないのです(友達と会わないとしても、きっと帰国前にばたばたするのは嫌なのでNAFSAには行かなかったでしょう。。。)。ということで、レストランを去るときには、お別れのハグのあらし。



チャイニーズアメリカンのクラスメートは、上海にしばらく来る予定があるとのことだったので、日本はお隣の国なんだから遊びにきてよ~と頼みました。

あぁ、明日帰るなんてなんか信じられない。昼間に、ボランティアをさせていただいていたスーパーバイザーにも会ったのですが、re-entry shock(海外に長期滞在した人が母国に帰った際に受けるカルチャーショック)についてのオリエンテーションの素案を作ることを頼まれました。確かに、日本に帰るし、これから私が日本という国に戻ったときに、どんな印象を受けるのか、日本のどんなところに違和感を覚えたり適合するのに困ったりするのかを、細かく記録していって、帰国したらこんなことに困るから心の準備をしておくんだよ~というような内容のオリエンテーションプログラムを作成する予定です。ふふふ。卒業しても、こうやって一緒にスーパーバイザーとお仕事ができるなんて嬉しいです。

さて、日本に帰ったら、就職活動再開です。いくつか新しい求人もみつけたし、どうにか日本の大学で働けるお仕事に就けたらいいなぁと願ってやまないAPPAです。もちろん、目指すは国際交流関連の業務に就くことですが、でも出来たら大学で働きたいので、まずは日本の大学に就職できることを目指してがんばるんばです!
[PR]
by appa_boston | 2007-05-30 23:46 | 感じたこと