ボストンでの留学日記


by appa_boston
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ナンタケット島旅行記パート2

さてさて、お約束のナンタケット島旅行記パート2です。この日は、朝から島のバスツアーに行って来ました。ナンタケット島は、ブーメランのような三角形をした小さな島。その主要な観光スポットを20人乗りくらいの小さなバスに乗って周る、約一時間のツアーです。


e0081965_22453523.jpg昨日紹介したBrand Point灯台は、口頭で説明をすませ、右手にちらっと見えますよ~との説明のみ。なぜって、ビーチの中にバスは入っていけないので。。。行きたい人は、ツアーが終わったら歩いていってみてね~とのことでした。ということで、まず最初に訪れたのが、こちら「The Oldest House」です。島で一番古い建物です。ナンタケット島は、このような壁が杉でできたグレーの家がほとんど。別名Gray Lady Islandと呼ばれております。




e0081965_22503768.jpgそして、その次に周ったのが「Old Mill」。こちらは、風車なのですが、私達が訪れたときには、風車の羽がついていませんでした・・・。どこにいっちゃったのぉ???(TT)








e0081965_22523114.jpg
そして、こちらがBrand Point灯台に続いて、島に3つある灯台のうちの二つ目のSancaty Head灯台。そして、この手前の広々とした土地はゴルフ場でございます。ナンタケット島は、高級リゾート地なのですが、会員制で、会員から招待されないと入会できないゴルフクラブがあるとか。そして、あのクリントン大統領に対し、お知り合いがいないのであれば入会できませんと断ったという逸話があるそうです。す、すごい!




Scanty Head灯台までの間に、ナンタケットの空港の脇をバスが通りました。いつの戦争の話だったかはっきり聞き取れなかったのですが、以前は、空軍の飛行練習場だったとか。それが、島に寄贈され、今では観光のためになくてはならない存在になったとのことでした(ボストン-ナンタケット島間を飛行)。Scanty Headの後は、私が昨年の夏に訪れたナンタケットバスケット博物館の脇を通って、船着場に到着。そこで解散となりました。



e0081965_2311227.jpgランチを取ったあとは、すかさずWhale Museumへ。去年入らないで、ナンタケットバスケット博物館に行ったので、今回、どうしても行きたかった!これは、Museumの正面の写真。






e0081965_232077.jpg
中は、こんな感じ。くじらの骨や、捕鯨漁に使われた船や道具が飾られていました。また、鯨から取れる油を使って当時はろうそくを作っていたそうなのですが、その工場が再現されていました。また、漁師がくじらの歯に絵を書いた工芸品なども展示されていましたよ。




e0081965_2373682.jpg博物館は、エレベーターを上がって屋上に出ることができます。港の景色が一望でき、とても気持ちよかったです。







e0081965_2382910.jpg
これは、博物館の屋上の床に方位が描かれていたのですが、ちょっとかっこいいなぁと思って、一枚ぱしゃりっと記念撮影してみました。








さてさて、こうしてナンタケット二日目は幕を閉じました。明日は、昨日、今日でご紹介できなかった街の風景をご紹介しま~す。
[PR]
by appa_boston | 2007-06-25 22:42 | 旅行