ボストンでの留学日記


by appa_boston
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:感じたこと( 141 )

一年前って・・・

ブログに特別書きたいなぁって思うことが浮かばず、どうしようってぼ~っとしていた時、ふっと一年前の今日は何してたのかな~って思って、去年のブログを読んでみた。そうしたら、通っていた大学院のシステムの悪さから、払わなくていい保険代を払って、払い戻しを待たなくてはならなくなったことに怒り、そしてテレビのアンテナを買って、こんな小さなテレビで4チャンネルも映るって感激してた(笑)。そのアンテナも、ハーバードに在外研究でいらした京都にある大学からきた先生にテレビとセットで売ったなぁ。あのテレビ、今も使ってくれてるのかなぁ・・・。

こうやって過去のことが振り返られるブログっていいなぁって思う。忙しいながらに、一生懸命毎日ブログアップを目標にがんばってたかいがあったなぁと思う。おかげで、何もしていなかったら、記憶に留まっていなかったであろうことも、こうして記録として残っている。ちょっとお金を出せば、製本して本にしてくれるんだよね。自分のために一冊本にしてみようかなぁ。
[PR]
by appa_boston | 2007-08-21 21:36 | 感じたこと

カフェに行きたい!

あ”~~~~~っ、カフェに行きたいよぉぉぉぉぉぉ(涙)。
実は、ある宿題を抱えている私。締め切りは、今月末。もう数日、もんもんと取り組んでいる。家の自分の部屋でパソコンとにらめっこ。別にアイディアがないわけではないのです。書きたいことがありすぎて、まとまらない・・・。これ、私の悪いクセ。ボストンにいた頃も、ペーパー書くのに、書きたいことありすぎて、書きすぎて、ページ数オーバーして、短くするのにいつも頭を悩ませていた。そんな時、気分転換に、よくパソコンを抱えてカフェに行ったっけ・・・。

だから、今日もカフェに行きたいのです。でも、日本のカフェじゃ、パソコン抱えていっても、電気コードをプラグにつなぐことは許してもらえないしな・・・。家から通える駅前カフェじゃ、のんびり街行く人を眺めながら、風を楽しみながらなんて雰囲気じゃない・・・。だって、ほとんどがファーストフード系のコーヒーショップなんだもの・・・。わさわさして、落ち着かないもんね。だから、自分の部屋の窓際にパソコン担いで移動して、脇にコーヒー置いて奮闘中・・・。

あー、ほんと、アメリカにあったようなカフェ、自分で開いちゃおっかなぁ。
[PR]
by appa_boston | 2007-08-19 13:39 | 感じたこと

まだまだ続くよB-Day!!

本日、こ~んなかわいいバースデイカードが届きました!

e0081965_0542461.jpg


部屋でパソコンをいじっていると「APPA、お友達からお手紙がきてるから、早くきなさ~い!」と甥っ子の呼ぶ声。お友達から手紙?と思い、甥のところへ行くと、エアメール!送り主をチェックしようとすると住所だけで、名前がない。「???・・・。だれだぁ?」と封をあける。

すると、もとクラスメート達が寄せ書きをしてくれたバースデーカードだった(感涙)!しかも、大好きなディズニーの絵が入っている。「きゃー!!!」感激もひとしお!

しかもしかも、切手は、灯台の絵のものが3つ!いつも、私が、姉が灯台が好きで、姉と甥がボストンを訪問した際も、姉が好きな灯台を見にナンタケット島に行った話をしたりしたからだと思う。この気遣いにさらに感激!切っては、きれいに切り離して早速姉にプレゼントしました。みんなどうもありがとうね~☆

本当に、ステキな、大切な友人に出会うことができた今回のボストン留学。クラスメート全員と一緒に再会することは、今後難しいかもしれないけれど、違う土地で、それぞれにがんばって、お互い励ましあっていける仲間をみつけられたことは、私にとって本当に大切な宝物。もう卒業して3ヶ月になるなんて信じられないけれど、これからも、どうぞよろしくねって伝えたいです。
[PR]
by appa_boston | 2007-08-18 23:59 | 感じたこと

一晩たって思ってみた。

昨日のブログ↓をここまで書いて、一晩たって思った。やっぱり、席を譲るという行為が、アメリカのように習慣化していないから、譲られたほうも、いろいろ気兼ねしてしまうのかなと。もっと、これが一般的な行為として世の中浸透していけば、お互い気持ちよく席を譲り譲られることができるのかなって。みなさん、どう思いますか?
[PR]
by appa_boston | 2007-08-18 12:36 | 感じたこと

3回/4日

みなさん、こんばんは。今日は、久しぶりに日本に帰ってきて戸惑うことシリーズ行きたいと思います。ということで、まずは上の数、なんだか想像つきますか?これ、私の両親がボストンを訪問中に、T(地下鉄)の中で席を譲られた回数です。4日中3回。母が2回に、父が1回です。ほぼ、1日に1回の確率です。これってすごいと思う。

ボストンに来たばかりの頃、バス通学をしていた私ですが、その頃に、バスに乗っている若い人たちが、すっと席をたって年配の方や体が不自由な方たちに席を譲ったことに感激した内容のブログを書いたことがあります。それは、地下鉄の中でも同じ。両親も、とても感激していました。

そして、今日、都内へ出かけた私。電車の中で、私と私の隣の人との丁度中間くらいの位置の前に立った年配の女性がいました。年のころは、推測するに多分50代後半くらい。「あ、どうしよう。席ゆずろうかな?」と悩んだ。「でもな、どうしよう・・・。そんなにお年寄りお年寄りもしてないし」とためらっていると、電車が「がたん」とゆれた。すると、その女性も立っているのがつらそうでふらついた。「あ、よし、譲ろう!」と決意したその瞬間、その女性は、ドアの側へ移動し、手の届く位置にあるポールに手を伸ばした。「あ~ぁ、ちょっと遅かったか・・・。」タイミングを逃し、ちょっと後悔した私。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2007-08-17 23:59 | 感じたこと

ミネソタ橋崩落

テレビのニュースを見て驚いた。アメリカミネソタ州はミネアポリスにある橋が崩落したというのだ。ミネアポリスは、今年の5月NAFSAカンファレンスで訪れ、しかもアイオワの頃のクラスメートが住んでいる町。ニュースを見た時点では死者の数も何も確認されていない状態だった。

あわててミネアポリスの友人にメールを送信する。返事が来た!「インドにいるから大丈夫。私が知っている人も確認できた分だけだけど、みんな大丈夫。私もニュースを今知ったばかり。怖い!」と書いてあった。

友人が無事であったことを知りほっとするけれど、事故にあわれた方々は大丈夫なのだろうか?7人の方が亡くなられたとネットのニュースではでている。スクールバスも、落ちた橋の上で立ち往生状態でしばらくあったとか。全員救出されたけれど、生徒10名が怪我をしていると出ていた。

アメリカでいろいろな国出身の人に出会い友達になった。その分、世界のニュースに敏感になった。その分、心配する回数も増えた。
[PR]
by appa_boston | 2007-08-02 14:55 | 感じたこと

Alumni Newsletter

卒業したアイオワの大学院より、Alumni Newsletterが届いた。2年に一度くらいの割合で発行されているこのNewsletter。受け取るのは今度で3度目。2度目は、ボストンに飛んですぐの頃に日本の実家に届き、母が転送してくれた。あの頃は、同じアメリカなのに極端に違うボストンとアイオワとの差に悩み、半泣き状態だった。そんなときに大好きなアイオワからこのNewsletterが届いて、とても嬉しかったのを覚えている。

内容としては、最近の学校内でのニュースや、新しい留学生についての紹介や、卒業した留学生がその後どうしているかの近況報告等が紹介されている。前回頂いたNewsletterには、1学期先に始めた日本人クラスメートが、オーストラリアで日本語を教えていることが紹介されていた。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2007-07-24 20:51 | 感じたこと

TOKYO

昨日、ブログに書くネタがみつからないなんてこと書いていたのに、本日二つ目の投稿です。今日、お台場にでかけたのですが、新橋の駅から見えた景色です。

e0081965_21583590.jpg


これ、私の中でのTOKYOのイメージです。どこまでもどこまでも続くビル。地平線の彼方までビルなんじゃないか?って思わせるそんな感じ。そしたら、どこか海外からいらしたと思われる男性の方もパシャリっと写真をとっていらっしゃいました。やっぱり、この方にとっても、こういう景色がTOKYOなのかもしれません。
[PR]
by appa_boston | 2007-07-17 21:55 | 感じたこと

最近・・・

ブログのネタに困っている。だから、ブログがアップできない時があったりする。アメリカにいた頃は、毎日、どの話を書こうか悩むことだってあったのに。悩みすぎて、選びきれず、「え~い、全部書いちゃえ!」なんて勢いで、「本日〇度目の投稿です!」なんて元気よく書いてたのにね。今振り返れば、密度の濃い日々を送っていたのだなぁと思う。いろいろなことが新しい発見であふれていたんだなぁって。それに、いろんなことに挑戦してたものね。国が違うってだけで、日本でだったら普通にやって当たり前のことも、海外でやってるってことだけで、新鮮に感じたり、海外でも、私は一人でこんなことできた!なんて感激にひたっていたのだものね。そりゃそうだ。

しかし、日本に帰ってきてしまった今、日々の密度の濃さという意味では、大分うすまった日々になってしまったような気もする・・・。コンサルくん(日本留学経験者)たちからは「日本に帰れたAPPAがうらやましいよ~。」なんてよく言われるけれど、私は「アメリカにいるあなたたちが羨ましいよ~。」と言い返す。お互い無いものねだりの、re-entry shock(逆カルチャーショック)にはまっている(笑)。このもやもや~な気持ち、どうしたらいいでしょうね。わからん。アイオワから帰ってきたときにも感じたこの気持ち。どうやって乗り越えたんだっけ?アイオワが舞台の映画を見たり、友達にメールしたり電話したりしたんだったかな?年に一回夏休みには里帰りしてたもんなぁ。って、里帰りするには、まだ早いしね~・・・。あ、明日コンサル君に会うんだった!元気わけてもらおっと。
[PR]
by appa_boston | 2007-07-16 23:59 | 感じたこと

コインランドリー

台風は、大した影響を私の住んでいるエリアには与えずに去っていきました。これなら、今日、コンサル君に会えたじゃん(泣)とか思いつつ、でもね、念には念をだもんねと自分に言い聞かせてなだめた一日でした。

ところで、おそ~く始まって、まだまだ続いている梅雨。我が家の洗濯物もかわきません。ということで、実は昨日、車でいける距離にあるコインランドリーに行って来ました。乾燥機は15分100円。大した量が入るわけでもないのに、この金額くってたかくな~い?なんて思っちゃいました。我が家はextended family(大家族)なので、洗濯物の量も半端じゃない。ということで、2台の乾燥機に洗濯物をつめ、30分の乾燥。つまり合計400円。

ボストンに住んでいた頃は、洗濯機も乾燥機も設置されていて、しかも無料で使えるアパートを選んで住んでいたので(みなさん、これアメリカでアパート探す際の重要ポイントですよー!)、ボストンでのコインランドリーの相場は、はっきりはわからないのですが、1週間分の大量の洗濯物を乾燥機にほうりこんでも、1時間1ドル75セントあたりでできたはず。そう考えると、今回のコインランドリーってたか~いって思ってしまいました。物価の高いボストンですが、日本より安いものもあるのですね~♪
[PR]
by appa_boston | 2007-07-15 23:11 | 感じたこと