ボストンでの留学日記


by appa_boston
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:感じたこと( 141 )

ひさびさのチャット

昨夜と言っても明け方、ボストンにいるお友達のNちゃんと久々にチャットをした。元気そうだった。私がボストンにいた頃も、よくチャットをしていたので(携帯電話代節約のため、友達同士チャットで会話をすることが多かった)、こうしてチャットをしていると、太平洋の先のさらにアメリカ大陸の東側にいるなんていう距離を感じない。

いつボストンに、私が戻ってくるのかとか、帰国の際に郵送した荷物のダンボールはどこから入手したのか、他の友達の就職状況やお互いの就職活動のことなど、いろいろと情報交換をした。卒業後、彼女は日本に戻ってくる。私も日本に帰ってくる。他の日本人同期二人は、アメリカに残る。アイオワにいた時は、関西出身の日本人が殆どで、卒業後に会ったのは、関東で就職した一年先輩のみで、関西在住の友達から〇〇達と、この間会って食事したんだよなんて聞いて淋しい思いをしたこともあった。でも、Nちゃんは、実家もお互い近いし、旦那様が遠くに転勤にならない限り、きっと東京に住んでくれる。同じ時期に同じ苦労&経験を分かち合った友人が近くにいるというのは、なんとも心強い。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2007-05-09 17:51 | 感じたこと

カフェ中毒

帰国して思うことシリーズを続けます。カフェが恋しいです。ボストンでは、住んでいた家の通りの角を曲がったすぐそこにカフェがありました。ワイヤレスインターネットもフリー(無料)でつなぐことが出来たし、学校で勉強する気分じゃないときは、そこへ行って勉強することもありました。だけど、日本の家の近くにはカフェがなーい(T0T)。駅前に出てもス〇バ等のチェーン店のカフェばかり。なんか、日本のチェーン店のカフェは、人が多くて、わさわさしていて、どうも落ち着かない。ボストンのス〇バも、他の個人営業のカフェに比べるとわさわさとした雰囲気ですが、でも、何時間座ってても怒られないという雰囲気で、たま~に勉強しに行ったりしていました。私の、コンサルくんの一人も、よくパソコンを担いでス〇バで仕事をしていたなぁ。

ということで、アメリカのカフェは、パソコンを担いで行って、コンセントにパソコンをつないで、電気を拝借しても怒られない。それがOKなのです。MeGuMeGuちゃんが(私より先に日本に帰国)日本のカフェでパソコンをコンセントにつないだら「お客様、それはちょっと・・・。」と断られたといって、カルチャーショックを受けていたっけ。私は、そのことは以前から知っていたので、MeGuMeGuちゃんから、そのように連絡を受けても「日本はそうだよ~。」なんて答えたのですけどね、でも実際自分が帰ってきて、パソコンかついでカフェにいけないって思うと、なんとなく不便です。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2007-05-08 11:15 | 感じたこと

やっちゃった(><)!

本日、二度目の投稿(て、いいながら、実は翌日8日に投稿してます。)!今日、甥がフットサルの日だったので、姉と一緒に迎えに行きました。姉のママさんお友達とお話しながら、甥の教室が終わるのを待つのもなぁと思って、一人体育館のロビーで待っていたときのことです。そこに、南米系と思われるお父さんが息子さんを迎えに登場。そこで目が合った。無意識のうちに、ニコっと笑って挨拶をしてしまった。むこうも、ちょっと驚いた感じでニコっと返してくれた。

その瞬間、「あ、やっちゃったー(><)。ここは日本だった!!」と気づく。あはは。アメリカの大好きな習慣の一つ。知らない人でも、目が合えばすれ違いざまニコっと笑って「Hi!」のご挨拶。ボストンは都会なので、挨拶してくれる方もアイオワに比べると少ないのですが、それでも残っている習慣の一つ。

私、これアイオワから帰ってきたときも、習慣づいてしまっていて、なかなかぬけなかったのですよね。帰国直後は、日本人に対してもニコってしてしまって、変な人だと思われていたに違いないと思っています。そして、日本人に対しては、挨拶をしなくなったまでも、どうも海外から来たと思われる方をみると、ついつい条件反射で挨拶してしまう日々が続いたのです。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2007-05-07 23:59 | 感じたこと

味覚変化???

帰国して気づいたことシリーズいっちゃいます!最近よく物を食べていて、家族が、あまりおいしくないだとか、まぁ普通と思う食べ物を、とてもおいしく頂いている自分に気づかされます(oh, my!!)。姉達曰く「大味なアメリカに住んでいたから、舌がおかしくなったんじゃないの?」とのこと・・・。確かに外食もしてたし、日本食屋さんに行っても、ちょっとアメリカナイズされている日本食もあるし。あと、慣れない自炊をしていて、自分で作ったんだからこんなもんでしょと、半ばあきらめつつ自分で作っていたものを食べていたせいかしら(でも、それってどうなんだ。。。)???ということで、大しておいしいものを食べていなかったから、何でもおいしく感じるんだと、最近家族に思われている私・・・。

例えば、どんなもので、そういうことに気がついたかと言うと、まずは炭酸水。帰国数週間前にアメリカで炭酸水というものに出会い、すっかりはまってしまった私。普段は、炭酸の入った飲み物は好きではないのであまり飲まないのですが、お友達の家に夕飯に呼ばれて、そこで出た炭酸水に恋してしまったのです。それで「あー、炭酸水飲みたいなぁ。」と、ぼそっと言ったところ、姉が「うちにあるよ。おいしくないけど。」と言って、どこかから頂いた炭酸水をひっぱりだしてきた。飲んでみる。「おいしいじゃん!」と私。味見をする姉。「そう?おいしくないよ。」との返事。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2007-05-07 17:47 | 感じたこと

帰国して思うこと

みなさん、こんばんは~!って、二つ目の投稿でしたね・・・。只今、夜中の3時になろうかというところです。決して、時差ボケではありませんよ~。ご心配なく。単に、自分の生活リズムがつかめていないだけなのです。だから、ブログも毎日きちんとアップできず、アップする時間もまばらなのです・・・。こりゃ、いかんのう・・・。

さてさて、最近帰国して思うのです。なんだかんだ言って、ボストンは私の第3の故郷になりつつあるなぁと。アイオワを愛してやまない私は、ボストン滞在中、ずーっと、アイオワとボストンを比較して、ぶつくさと言っておりました。でもね、レッドソックスの松坂投手のこともあり、日本でレッドソックス関係の話題がテレビで流れると、ついついテレビを見てしまうのです。松坂選手が好きというわけではなく、自分が住んでいた町を見たくて、テレビを見てしまうのです。

帰国後、アメリカで出来た友達の夢をよく見ます。たいして、アメリカにいる間は見なかったのに、英語で夢なんて見ちゃったり。あと2週間ほどで、卒業式のために戻るのですけどね。なんか、戻ってしまうと、その後は卒業式で、卒業式に出ちゃったら本当に最後で、次いつアメリカに来るかなんて、本当に予定がたってなくて(仕事みつけてからだよね。。。)、なんか途方もなく淋しく感じたりして。家族と久しぶりに会って、一緒に生活して、やっぱりルームメイトとの生活とは違って、気を遣わなくていいなーなんて思ったり、朝起きたらごはんが出来ている喜びを感じつつも、ちょっと淋しかったりね。メッセンジャーに、友達がログインしてたら、すかさず話しかけちゃったり。迷惑になるかなぁとか思って、最近は変に声かけないように我慢してるんですけどね。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2007-05-06 23:59 | 感じたこと

温泉&スタバ

本日、家族とドライブ&温泉に入ってまいりましたぁ!いやー、ひさびさの温泉は気持ちいいですね~。露天風呂だったのですけど、新緑の季節で、お風呂から見える木々の葉の緑が、とーってもきれいで、時々風になびく葉の音が、なんともいえませんでした。ゆっくりお風呂を満喫した後は、ランチ!私は、全然、その温泉地の名産でもなんでもないナンとカレーのセットを頼んだのですが、とても楽しい時間を過ごせました。

そして、温泉から帰ってきた後は、履歴書に貼る写真を撮りに行って参りました。ひさびさの写真撮影にどきどきだったのですが、まぁまぁな写真が撮れました。写真の出来上がりを待っている間に、スタバに入ったのですが、ここでびっくり、カルチャーショック!なななななんと、日本のショートサイズの値段が、アメリカのトールサイズの値段だったのです・・・。アメリカに、ショートサイズってないのです。トール・グランデ・で、その後が、忘れちゃいました・・・。でも、とにかく非常に大きいサイズです。日本は、ショート・トール・グランデのサイズでした。

なので、日本でショートを頼んだら、アメリカのトールサイズのカップがでてくると思っていた私はびっくり。ひょえ~と思うくらい小さいカップなのに、アメリカの一番小さいサイズ(トール)と同じ値段だなんて。信じられません。あぁ、これからスタバでコーヒー飲めなくなりそうです・・・。
[PR]
by appa_boston | 2007-04-28 23:59 | 感じたこと

携帯買いました!

本日、携帯を購入いたしました!カタログとにらめっこしたのですが、いろいろ機能がつきすぎて、結局はデザインと値段で決めてしまいました。といっても、一番気に入っていたものは、海外に持ち出した際に使用することができないということで購入を断念(来月、卒業式でアメリカに戻るので、海外で使えない機種だと困るのです)。電話機代が無料(ただいま無職なので、ここ大事)で、次に気に入ったものとなると、ひとつしかデザインがなく、それに決定。もともと、一番気に入ってたものの次に、これにしようかな~と思っていたものだったので、良しとしました。

それにしても、最近の携帯はテレビも見られちゃうので、数年前のものよりも、大きく、重たくなっているのですね~。海外に持って行ける持っていけないが、機種選びの基準にならなければ、ボストンへ出発する前に使っていた電話機を復活させたいくらいでした。なぜって、デザインもシンプルだったし、薄型だったので、とても気に入っていたのです。でも、いろいろな機能がついて、カメラの画素数も上がっている今、昔の30万画素のカメラ携帯に戻すのももったいないかなぁと思い、今のものに。

以前の携帯に残しておいたデーターが移行できたので、友人達に一斉に連絡。ぽこぽこぽこっと返事が来て、とても嬉しかったです。さてさて、日本に再び根を下ろして生活する下準備が少しずつ整ってきました。後は、仕事だぁ!
[PR]
by appa_boston | 2007-04-25 23:59 | 感じたこと

American Face vs Japanese face

久しぶりにお世話になった方々に帰国後お会いした。その際、「メールで送ってもらった写真の顔とAPPAの顔が違う。」とお会いした方の一人に言われた。すると、もう一人の方が「アメリカにいたらアメリカの顔。日本にいたら日本の顔になるのよ。」と言われた。

「むむむ?そうなのかなぁ?」と内心、思った私。でもね、確かに英語だと話し方も表情やしぐさにも多少の違いが出る。だから、写真に写っている私の顔の表情が違っても、確かに納得といえば納得なのだけれど・・・。

そして、4人で夕食を食べにいざ出かける。すると、完全に3人のペース。というよりは、2人のペースかな?ちゃっちゃかちゃーと注文するものが決まり、わしゃわしゃーと、話す話す。それに気づいたみんなが「APPA、主役なんだから、好きなもの頼んで!」とか「APPAが全然しゃべれてないじゃない。」という話になり「私は、もともと大人しいですよ。」と答えると、「確かに、そうね~。」となった。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2007-04-25 23:59 | 感じたこと

Re-entry shock

日本の皆様、ただいま~。ボストンの皆様、日本に無事到着いたしましたぁ!いやー、今回は何の問題もなくスムーズに帰ってくることができました(家に、パソコンを入れたリュックを忘れるという騒動はあったけど。。。)。

空港についても、荷物はあっちゅう間に出てきました。ラッキー。荷物の検査も、特に問題なく通してもらえ、ゲートをくぐれば家族が出迎えにきてくれていました。うわーい。かわいい甥っ子は、最近携帯を買ったらしく、携帯にダウンロードした画像(ほとんどがドラ〇ンボール)を、ひっきりなしに見せてくれました。

帰り道でごはんを食べていくから、何が食べたい?と聞かれ「うし」。

「うし?」

「そう、うし。だって、アメリカで怖くてビーフ食べてなかったんだも~ん!」と牛肉様がいただけるのであれば、どこへでも~ということでレストランへ。ビーフステーキ丼、いただいちゃいました。おいひかったぁ。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2007-04-21 23:59 | 感じたこと

がら~ん。

今日がボストン最後の夜。今日も一日忙しかった。インターン先へ挨拶に行き、その後日本の皆様へお土産購入。そして、ハーバードへ行き、スーツケースを買い足した。だって、すべて収まりそうにないんですもの。新しいスーツケースに荷物をつめる。しかし、まだおさまらない。やばい(汗)!あまっていたダンボールに残ったものをつめる。いそいで郵便局へと思ったけれど、時間がなく、まずは学校へ。私から、いくつかものを買った子からお金を受け取る。そして、郵便局。一箱、船便で郵送。家に戻る。洗濯開始。その後も、つめるつめる。つまった!体重計で重さを量る。やばーい制限越えてる(汗汗!)。その後、友達と夕飯の約束をしていたので最寄り駅へ。食べる食べる。そして、夜9時にはマットレス&ベッドフレームを買いに日本人の学生さんが家にくるので、あわてて帰る。仲良しNちゃん&先輩がついてきてくれた。待つこと、少々。ベットをみんなで運び出し、売上金を受け取りさよーならー。

Nちゃんの旦那様、お出迎えに登場。お世話になりましたーとご挨拶。その後、先輩に売る予定のプラスチックの棚等をふきふき。そして引渡し。先輩とお別れのご挨拶。それから、荷物をつめるつめる。一つ50パウンドまでで、二つのスーツケースを預けられる。新しく買ったスーツケースの重さは余裕なんだけれど、もう物をいれるスペースがない。日本から持ってきたスーツケースにはスペースはあっても、重量オーバー!あぁ、だれかたすけて。来月かえって来るんだ、少し荷物をおきざりにさせてくれ!とルームメイトに頼むとOKの返事。あぁ、よかった。やっぱり卒業式に帰ってくることにして正解。荷物を預かってくれる人がいるってステキ。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2007-04-19 23:59 | 感じたこと