ボストンでの留学日記


by appa_boston
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:英語・新しい表現( 10 )

噂をすれば影

みなさま、こんばんは~☆本日、深夜12時過ぎのブログアップですf(^^;)。いや~、噂をすればなんとやら!昨日のブログで、JETプログラムで日本入りしているコンサルくん(私のリサーチに協力してくれた日本留学経験者)は元気にしているんだろうかと書いたのですが、そしたら、今日メッセンジャーにログインしていて話かけてくれました(笑)。やっと自宅のアパートにインターネットがひけたそうです。すぐに仕事にいかなくちゃいけないということで、ほとんど話らしい話はできなかったんですけどね~。いやいや、日本での生活が着実に進んでいるようでよかったよかった。

うろ覚えな記憶で、「噂をすれば影」みたいなことを、友達が「devil's shadow」って言ってたよなぁと思い、いろいろ調べてみると「talk of the devil, and he will appear」て言うんだそうです。悪魔の話をすると必ず現れるというような意味から、噂をすれば影なんだそうです。あはは、私、間違えて覚えていたみたいです(汗)。ちなみにshadowつながりでみつけたのが「Life is shadow (人生夢のごとし).」だそうです。

英語もなかなか奥深いし、まだまだ学ぶことがた~くさんあります。あぁ、もっといろんな表現を身につけたいなぁ。はい、わかっております、日々精進です!がんばるんばぁ!
[PR]
by appa_boston | 2007-09-21 23:59 | 英語・新しい表現

You have to start with something.

今日は、帰国前のことについて書きたいと思います。帰国前日、インターンシップ先のスーパーバイザーにご挨拶をしてまいりました。その時、就職活動の調子はどう?と聞かれたので、いくつか求人はみつけたんだけど、あそこの求人はこんなんで、あっちの求人はこんなんで、だから、なかなか思った通りのは~・・・なんて、ぶちぶちと言っていたら「But, you have to start with something (でも、何かからスタートしないとね。).」と言われました。

それで、自分の年齢のことなどを考えて、自分の希望通りの仕事に、帰国後すぐに就職しなくちゃという考えでがんじがらめになっている自分に気がつきました。そうですよね、自分の理想の完璧な職場に初めから就職できれば一番いいけど、何かしら、1個や2個、自分の希望と違っても、その関連した職種にいる限り、次へとつながるステップになるかもしれないんですよね。そう思ったら、何が何でも自分が思い描いているお仕事に就かなくちゃ!とあせりを感じていた自分の気持ちがす~っと楽になりました。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2007-04-22 23:59 | 英語・新しい表現

blow out a fuse

実は、我がアパートの掃除機がけ当番に今週末当たっていた私。クリスマスイブもそっちのけで、家の掃除機をかけていると、突然掃除機が動かなくなった。「え?うそ・・・。」冷や汗・・・。もう一つ掃除機があったので、代えてみる。そっちも動かない・・・。「うーん、ヒューズが飛んだかな・・・?」

自分の部屋に掃除機をもって移動。スイッチを入れる。「ぶいーん」動いた。やっぱりヒューズが飛んだらしい。がしかし・But・However・・・。ヒューズが飛んだってなんていうの?ヒューズの場所もわからないし、はたして日本とおんなじ形をしているのかもわからない。

ルームメイトに「ごめんねぇ。」のメッセージを残そうにも表現がわからん・・・。辞書を引いてみた。「blow out a fuse」って書いてあった。「なーる。」と思っていると、2階に住んでいるルームメイトが「あっぱ、ヒューズが飛んだの?」と聞いてきた。どうやら、彼女の部屋の電気も止まってしまったらしい。ひ~、ごめんなさい。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2006-12-24 23:59 | 英語・新しい表現

another Monday

本日ふたつ目の投稿。自分が、ここで起こったことを忘れないためにも、ブログに書き溜めようとしております。

タイトルに書きましたが「another Monday」という表現。日本語で言ったら「あ~(泣)、また1週間がはじまるぅ!」と言ったような表現です。週末の休みが明けて、また働き始めなくちゃいけないという時にうんざりした感じでいうと、ぴったりな表現ですよ。

ルームメイトと月曜日の朝に会ったときに「How are you?」と聞いたら、ぐた~っとしてて、「どうしたのぉ?」って聞いたら「It's just another Monday.」って、どろどろした雰囲気で言っておりました(笑)。ということで、本日の一言!これにておしまい。
[PR]
by appa_boston | 2006-11-14 20:35 | 英語・新しい表現

人生とは・・・

「人生とは楽しむものであって、恐れるものではない」

今日、映画「プラダを着た悪魔」に主演されている女優アン・ハサウェイさんのインタビューをネットでみていたら、完璧主義にたいして、このようにお話されていました。ミスをすることを恐れて、人生が楽しめないなんてナンセンスといった感じで、きっぱりつ発言されていました。

この言葉に、やけに感動し、インタビューをなんども見直してしまいました。私はどちらかというと、ミスをするのが怖いタイプ。だからといって、ミスをしないわけではありません。どちらかというとぽっかりミスをするタイプ。ミスをすると、とことん落ち込むのです。開き直ると言うか、気持ちを立て直すまでに時間がかかるんですね。

今日も、ちょっとしたミスをしてしまっていたので、彼女の言葉は余計に胸に響きました。大好きな(?!)水戸黄門の歌にもあるように「人生楽ありゃ苦もあるさ~♪」なんですよね。怖がりすぎて、縮こまってちゃいけないって思うのですけど、なかなかででーんと大きな態度には出られない。でも、これからは彼女の言葉を胸に、もう少し強くなれるよう頑張ってみようかな。
[PR]
by appa_boston | 2006-10-28 23:59 | 英語・新しい表現

キャリアカウンセラー

今日は、私の通うキャリアリソースセンター(就職課)主催の、インタビュー(面接)講座が開かれたので参加してきました。こちらでインターンシップ先を探す際や就職活動用に、アメリカのインタビューではどのようなことが質問として聞かれるのか、またその答え方、服装や握手の仕方など、いろいろと教えていただき、ためになることが多かったです。やはり、今までに社会経験があるとはいえ、日本のやり方が通用しない場合もあるので、留学生向けに、このような講座を開いていただけると非常に助かります。

そこで、ふと気がついたのですが、今日お話をしてくださったスタッフの方は、ご自分のことをキャリアカウンセラーとご紹介されました。こちらでは、大学の就職課の中で、専門職としてキャリアカウンセラーというポジションが確立されているのですね。私が将来仕事にしたいと思っているInternational Student Advisorもそうです。留学生アドバイザーとして、専門のポジションが確立されています。逆に学生を海外に送り出すStudy Abroad OfficeもStudy Abroad Advisorとしての専門職の口があります。その分野での専門知識を持ったスタッフがいるというのは、日本の大学と異なるところだなと思いました。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2006-10-17 20:30 | 英語・新しい表現

so many things to think

最近、頭の中は就職活動のことで一杯。4月、5月に求人が多くでることから、1学期(来年の春学期)お休みを取って日本に帰国し、就職活動をして、夏にボストンに戻って最後の必修であるインターンをやろうかと思った。しかーし、留学生アドバイザーに相談したところ、私の場合、ビザが来年5月末で切れるので、5月まで日本にいた場合、ビザの再申請が必要。となると、夏の3ヶ月にインターンをやるためだけにアメリカに入国するとなると、ビザが発行されない危険性が少なからずあるとのこと。がっぴょーんである。仮に、ビザがでても、アメリカでの入国審査でひっかかる可能性もあるとのこと。がっぴょーんパート2。そんなことになっては困るのである。卒業目前で、最後の単位を取るためにアメリカに入国できないなんてなったら、困るのね。

となると、インターンを出来るだけ早く終わらせて、早く日本に帰国するしか手がなくなった。がしかし、これもプログラム上問題がないかどうか、アカデミックアドバイザーに相談しなければならない。そして、それがOKとなったら、今度はインターンシップアドバイザーにOKをもらわなくてはならない。そしてそして、インターンをやるためには、いろいろな書類を全部自分で準備しないとならない。今日、どんな書類の準備が必要なのか確認をしたらびっくり仰天した。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2006-09-22 23:59 | 英語・新しい表現

新しいフレーズ

みなさまこんにちは。昨日からお天気はよく、日がさすものの、風が冷たい&強いため、春なんだか冬にもどったんだかよくわからない状態です。

さてさて、本日は、グラマー自体は難しくなくよく使われるフレーズなのに、あるコンテント(状況設定)の中で言われて「???」と思ったフレーズを紹介したいと思います。

実は、昨日、引越しをしようと思い、ある家を見に行きました。将来ルームメイトになるかもしれない方たちに「What are you looking for?」と聞かれ、頭の中で直訳した私。「何を探しているの?」となるけれど、「え?どういう意味?私、探し物してないよ。」と思い、きょとんとしていると「short term or long term?」と聞かれた。つまり、この家に住むとしたら、短期間なのか長期を考えているのかということなのです。ほほー、なるほどと思う。来年5月に卒業なのと答えると「じゃあ、long termね。」と確認された。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2006-04-29 12:01 | 英語・新しい表現

You have to pay for the bill.

皆様、こんばんは。

タイトルにも書きましたが"You have to pay for the bill."って、どんな意味だと思います?思わず「ほ~、そんなんだぁ。」と感心し、私のニューボキャブラリーノートに加わったフレーズです。

よく日本語で「とりあえず、食べていかないと。」という言い方しますよね。それと同じです。直訳すると「請求書の支払いをしないといけない。」という意味になりますが、「支払いをしなくてはいけない=支払いを済ませるためにも働かなくてはいけない=何か仕事をみつけなくちゃ!」というような意味になります。

先日、友達のバースデーパーティーに参加した時に、アメリカで就職するのは難しいかもという話に仲間内でなりました。その際に出たフレーズです。「どんな仕事でもいいっていうわけじゃないけど、まずは食べてけないとね。」という会話の中に登場したフレーズです。

面白いですね。日本では、生きるためにも食べなくちゃ=食べていくためには働かなくちゃという考えになりますけど、アメリカでは、「食べる」ではなくて「請求書の支払い」になるんですね。ふふ。比較文化ですね~。と、一人楽しんだAPPAでした。
[PR]
by appa_boston | 2006-04-03 10:45 | 英語・新しい表現

Olympic Baby

今日は、2月29日のうるう年生まれのクラスメートがいたので、みんなでなべ(キムチなべ)パーティーでお祝いをしました。本日の気温はチェックしていませんが、風が強かったので、ほんと寒かったのです。なので、ほかほかのなべはサイコーでした。あー、もう一度食べたい・・・。

今日はボランティアの日だったのですが、うるう年生まれの友達のバースデーパーティーをするのと話したら「Oh, Olympic Baby!」と言っていました。確かに4年に一度だから、Olympicね。なるほど~。と感心しながら、本日のニューボキャブラリーとして記録させていただきました。国によって、いろいろ表現が違うからおもしろいですね。ところで、うるう年の「うるう」ってどういう意味なのでしょ?どなたかご存知ですか?辞書で調べるかな。
[PR]
by appa_boston | 2006-03-03 23:56 | 英語・新しい表現