ボストンでの留学日記


by appa_boston
カレンダー

<   2005年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

ワイヤレス

きゃー、気がつけばもう12月なのですね。11月は怒涛のように過ぎていきました。残り1ヶ月、師走ですね。きっと、もっと早く過ぎていくのかな・・・。

ところで、只今、学校から投稿をしております。ついに、私が授業でよく使うキャンパス(というよりはビルディング)にも、学内のワイヤレスインターネットアクセスが入ったのです(学内のものなので、もちろん無料です。)。この時期、パソコン室は学生でいっぱいになるので、ただペーパーを書くだけならば、自分のパソコンを担いできたほうが便利で早いです。小さな大学なので、パソコンの数も少ない・・・。

とにかく、ワイヤレスが入ったおかげで、自分のパソコンさえ手元にあれば、日本語でのメール送受信やネットのチェックが学校でもできるので、とても重宝しております。日本ではワイヤレスは、どれくらい普及しているのでしょう?こちらは、学生街ということもあり、みんなラップトップを使っているので、ワイヤレスを使っている人が多いです。スタバ等のカフェでも、ワイヤレスが入っていて、一定の料金(スタバは5ドル)払えば、そこで自分のパソコンをネットにつないで、メールやネットサーフィンを楽しむことができます。親切なカフェでは、確かfree(無料)のところもあった気がします。

ワイヤレスのPCカード(正式名称あってます?)は、こちらにきて50ドルくらいで買いました。世の中、どんどん便利になって驚きです。
[PR]
by appa_boston | 2005-11-30 02:27 | 感じたこと

母からの手紙

今朝、母からの手紙を受け取りました。いつもは、学校に行く前に郵便受けをチェックしないのですが、今日はなぜか気になり、郵便受けのふたをあけると、エアメール用の封筒が見えたのです。「!!!」。誰からだろうと思って宛名を見ると、日本の母からです。なんかインスピレーションが働いたのでしょうか?さすが親子ですね~。おぉ~と思いながら、他の郵便は郵便受けにもどして、バス停までの道のり、読みながら歩きました。

メールが発達し、毎日のように日本の家にはメールをしているし、ブログを利用して、みなさんに私の日常をお知らせすることができるので、アイオワで勉強していたときほどホームシックにもかかっていないのですが、やはり直筆の手紙は心が和みます。メールより、やっぱり思いが伝わる気がします。母からの手紙で、今日はうきうき気分の一日になりました。
[PR]
by appa_boston | 2005-11-29 23:45 | 感じたこと

現実の世界へ

サンクスギビングもあけた本日は、現実の世界へ逆戻り~。朝の10時からアカデミックアチーブメントセンターへ行き、チューターと12月に締め切りのペーパーのテーマについて確認をしました。その後は、4時のクラスまで、ひたすら予習。7時にクラスが終わった後は、来週のプレゼンについてミーティング。

途中おなかがすきすぎて、ぐったりしてたら「Sayaka, are you alright?」と真剣に友達に心配されちゃいました(汗)。他のグループの友達は、今日は授業がなかったので、何かしらおなかにいれてミーティングに来ているけれど、私はお昼を食べて以来何も口にしていなかったので、正直「たすけて~。何かちょうだ~い。」って状態だったのです。せめてスープがあればぁと祈るようにカフェに行ったのですが、いつもレジをしてくれる優しいお姉さんが「We don't have soup anymore...」とすまなさそうに言います。えーん。あとは、クッキーとかスナックとか甘いものばかり・・・。そんなものはいらないやい!と再び我慢の世界。

家に帰ってきたのは12時直前。ルームメイトはすでに寝ているし。冷凍していたご飯を電子レンジにかけ、この間買ったベーコンとキャベツと人参を、静かに(ルームメイトが起きちゃうので)いためて頂きました。昨日までサンクスギビングだーと、ターキーやらパンプキンパイやらアップルパイやら、おいしいものをたくさんおなかいっぱい頂いていたのに・・・。おなかも頭も現実の世界に引き戻されました・・・。明日から、また私のなんちゃって和食ご飯を頂く日々が始まります。
[PR]
by appa_boston | 2005-11-28 23:53 | 学校生活
そして、本日(ふ~、ここまで来るのが長かった。)27日、無事ボストンへ帰ってまいりました。12時に出発したのに、ボストンについたのは5時をすぎてました。途中渋滞にもはまってしまい、は~、家に着くのは何時かな?と思っていたのですが、心配したほどかかりませんでした。日本のゴールデンウィークの高速のラッシュをイメージしてくださいませ。

友人が家まで送ってくれたのですが、いつもと違う道(ハイウェイを使ったので)を通って帰ってきたので、家がどこだかわからない!!私の家の近所であることは間違いないのだけれど・・・。ネットで住所を入力してプリントした地図を見ながら、友人に「でも、この辺のはずなんだけど。景色みてもわからない?」と聞かれ「ごめん。わかんない・・・。」と答える私。あ~、情けない。車をそろそろと走らせていると、助手席の旦那様が「あ!あった!」と道路標識を見て、私の家がある通りを見つけてくれました。アメリカは、全ての通りに名前がついていて、標識がちゃんと立っているのです。あ~、ありがたや。普段学校への行き来に使っている道の反対側から帰ってきたのと、暗いのと、めがねだったので(普段はコンタクト)よく見えていなかったのとで、自分の家が見つけられないという、なんとも情けない思いでいっぱいでした・・・。

友人と旦那様にお礼を言って別れた後は、荷物をほどいて、洗濯をして、夕飯に食べるものやお昼のサンドイッチ用のパンがないので、近所のスーパーへ買い物へ。帰ってくると、ルームメイトも帰宅していて、一緒に夕飯を食べつつ、お互いの休暇の話をして盛り上がりました。

さてと、明日から学校再開です。来週にはプレゼンが二つ。ペーパーの締め切りも、来週には3つあります(ひょえ~!)。この休みでためたパワーで乗り切ります!
[PR]
by appa_boston | 2005-11-27 23:56 | 生活
グランドゼロへ行った後は、てくてくと歩きながら、まずはBrooklyn Bridgeへ。映画等の撮影場所によくなっているようです。歩道橋にもなっていて、マンハッタンへ行くことのできる橋です。早速記念撮影!!

e0081965_13445576.jpg


その後、博物館へ行く予定だったのですが、チケットがSOLD OUT!!みんなでがっくりするとともに、さらにテクテクとあるいて、タイ料理屋さんへ。かなりモダンな作りのお店でしたが、お料理はと~ってもおいしかったです。このお料理の写真は撮影するの忘れました。あ~、ザンネン。「pukk」というお店です。4th streetと5th streetに挟まれた71 First Avenue沿いにあります。もしニューヨークへ行かれることがあったら、是非是非チェックしてみてください。

More
[PR]
by appa_boston | 2005-11-27 23:42 | 生活
この日は、みんなでいわゆるニューヨークへ。みんなに「どこに行きたい?」と聞かれたので、「グランドゼロ」と答えました。もうすでにメモリアルホール(正式名称がわかりません。間違ってたらごめんなさい。)の建築が始まっていました。でも、あのテロの跡地を見て、涙が出てきました。ずっと行きたかったのです。

9月11日当日、私は、リビングで転寝をしていました。途中目を覚まし、テレビを見たのですが、半分意識が眠ったままだったので、映画のワンシーンかと思い、そのまま二度寝をしてしまいました。再び起きて、現実に起こったことであること、二機目の飛行機が、ビルに飛び込んで行った映像を見たときには、非常に驚きました。半分眠っていたとはいえ、映画だと思い込んで、再び眠ってしまったことが恥ずかしく、また情けなく、ずーっと自分の中で引っかかっていました。そのことに対して、グランドゼロの前で、心の中でそっとお詫びをし、お参りをしてきました。

もう二度とこのようなことが起こってほしくないと思うと同時に、国際交流の大切さを実感しました。留学生アドバイザーの勉強をした後には、少しでもたくさんの人たちに、他文化に触れる喜びを知ってもらえるよう、国際交流プログラムの運営に関われる仕事に就きたいと強く思いました。

違いを否定するのではなく、違いを知って喜べる分かり合える、また分かり合える喜びを知ってもらいたいと思います。違いだけではなく、私たちは国境を越えて、分かち合っているものもあります。どうしても違いにだけ目がいってしまいますが、本当はわかちあっているものもたくさんあるのです。外国の文化を知って、わー、日本とにてる!って驚いたことありませんか?そういった、違いを理解し、受け止め、またわかちあっているものを発見して、外国の人と分かり合えることが出来たら、きっと、このようなことは、少しずつでも減っていくと信じています。

私一人では、たくさんのことは出来ないけれど、私が今まで関わってきた、またこれから関われるであろう国際交流プログラムを通して、たくさんの人たちに、異文化に触れる喜びをわかちあってもらって、その人たちが、異文化に触れる喜びをまた別の人たちに伝えていってくれたら、きっと大きな力になるとそう思っています。そういう気持ちを忘れずに、これからも頑張って勉強していきたいと思います。ちょっとまじめになりすぎちゃったかな?でも、これが正直な気持ちです。
[PR]
by appa_boston | 2005-11-27 23:22 | 生活
この日は、みんなでハドソン川へ。気温がとっても低く、寒がりな私はたすけて~と悲鳴を上げたいくらいでした。ハドソン川を見た後は、おすし屋さんに連れて行っていただきました!3ヶ月ぶり(?)のおすし。店員さんも、アジア人だけれど、たぶん日本人じゃない(?)方で、ちょっと不思議な感覚に襲われつつ、でも、よ~く考えたら、日本のイタリアンや他の国の料理屋さんも日本人のコックさんがお料理を作っているんだから、それと同じと考えれば同じかぁなどと、いろいろ考えつつ、おいしくおすしを頂きました。アボガドの海苔巻きが5~6と、サケ2つ(だったかな?)、マグロ、あと白身のお魚のおすしが2つとお味噌汁がついて8ドルちょっとだったかな?ご馳走になったので、値段をはっきり覚えていませんが(ご馳走様でした。深々と頭を下げているつもり)、とてもおいしかったです。

e0081965_131373.jpg

ハドソン川です。ステキでしょ?久しぶりに自然に触れて、心がなごみました!

More
[PR]
by appa_boston | 2005-11-27 23:00 | 生活

ただいま!

ニューヨークより帰ってまいりましたぁ!Thanksgivingの間、小学校からの友人の旦那様の実家に遊びに行っておりました。もちろん宿題もかかえて・・・。これから、一つずつ、お休みの間のことをアップしていきますね~。

まずは、水曜日の夜に友人の家へ泊まりに行き、翌日24日木曜日、Thanksgiving当日に、ニューヨーク州にある友人の旦那様のおうちへ車で出発。レンタカーを、がんがん飛ばして運転する友人に関心をする私。途中、雪が降り出したにも関わらず、旦那様と運転を交代することもなく4時間近く運転しきった彼女にブラボーの一言。私は途中で居眠り(ごめんなさい)しちゃいました・・・。

そして、おうちへついて、旦那様のご両親にご挨拶。いざ、Thanksgivingディナーのメインであるターキー(七面鳥)の準備に取り掛かりました。ターキーを作る過程を見るのは初めて。思わず写真をぱちり!ご覧くださいませ。ちょっとリアルかな?ターキーは、とてもぱさぱさしたお肉なので、まわりにベーコンを置くそうです。ターキーを乗せたバンにお水をいれて、後でターキーのおなかの中に入れるスタッフィングの具(セロリ、人参、玉ねぎ等)を適当なサイズに刻んだものを一緒にいれていざオーブンへ。

e0081965_12554138.jpg


そして、こちらが出来上がり。カットする前に、写真を撮ることができなかったので、ちょっとスライスされちゃってますが、とてもおいしそうでしょ?いい感じに焼けております。

e0081965_134322.jpg


More
[PR]
by appa_boston | 2005-11-27 22:49 | 生活

消えたミッキー

日本にいる頃から気に入って、いつも身に着けていたストラップのミッキーマウス(5,6センチのぬいぐるみ)を、昨日なくしてしまいました。家を出る際、リュックを背負ったのですが、その時にリュックの紐にストラップがひっかかったのです。特に確認をせず家をでたのですが、それがいけなかった。バスの中で、時間を確認しようと思い携帯を取り出すと、ミッキーの姿がないのです。紐がひっかかった際に取れたんだと思い、きっと家の中に落ちているはずと祈るように思いながら帰ったのですが、ミッキーは家の中にお落ちていませんでした・・・。

ディズニーシーに行った際に気に入って買ったのですが、社会人として働いていた5年間をずーっと見守ってきてくれていた存在だっただけに、どこにもいないとわかった時には、落ち込みが隠しきれませんでした。アメリカにつれてこようかどうか悩んだのですが、こちらでの2年間の生活も、彼に励ましてもらおうと思い(ぬいぐるみに癒されるタイプなのです)、一緒に連れてきたのになくしてしまいました。

私の落ち込みっぷりを察知したルームメイトは、「家から学校までの道のりでみつかるかもよ。」と励ましてくれました。そして今朝、家からバス停までの道のりを、いつもの倍の時間をかけてじっくり歩いて探したのですが、ミッキーはどこにもいませんでした。せめて、優しい人に拾われて、暖かいおうちの中にいればいいなぁと思っています。

More
[PR]
by appa_boston | 2005-11-22 23:30
こんばんは!今夜、授業が終わって家に帰ってくると、なななななんとリビングにツリーが!そして、「手伝って~。」の声に顔を向けると、ツリーに飾るライトを手にしたルームメイトがおりました。ハンマーで、壁にライトを飾りつける彼女を手伝いつつ、気分はすっかりクリスマス気分。Thanksgivingがその前にあるのにね~。Thanksgivingには、実家に帰るルームメイトは、只今るんるん鼻歌歌いながら荷造りしてます。それでは、我が家のリビングの一部をご覧くださいませ。

e0081965_14154546.jpg

[PR]
by appa_boston | 2005-11-21 23:11 | 生活