ボストンでの留学日記


by appa_boston
カレンダー

<   2006年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧

やっぱり大人だ

先日、ひょんなことから一番最近引っ越してきたルームメイトが、まだまだ22歳だったということが発覚した。24,5だと思っていたのに。話を聞いてみると、高校生の頃にcommunity college(日本で言う短大です)の単位を取り、高校卒業後4年生大学に入ったのだけれど、2年で卒業したとのこと。なので、年齢を聞かれると「大学を卒業して2年です。」という答え方をしているらしいのだが、それでみんなは「おぉ、じゃあ24か!」と思ってしまうらしいのです。

こっちの子は、見た目に大人っぽいだけではなく、やはりしっかりしている。高校卒業とともに、親元を離れて大学に通ったり、働いたりするせいかもしれない。アメリカ人の友達は、自分の生まれ育った家を「my parents' house」と呼んで、自分の家という呼び方をしない。家をでた時点で、もうそこは自分の家ではなく両親の家という認識になるらしい。きっと、日本語でいう「実家」のようなニュアンスなんだろうけれど、それとも少し違う気がする。みんな、精神的にも経済的にも独立するんだろうな。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2006-09-30 23:59

プレゼントな一日

今日は別々の人たちからなぜかプレゼントをもらうという、プレゼントな一日でした。一つは、ボランティア先から、先日行われたオリエンテーションを手伝ってくれてありがとうのプレゼント(これは、私以外にも経験談等を話すためによばれた留学生もいてみんなもらった。)。もう一つは、日本人のお友達から「ディズニーストアーに行ったの~♪」とピグレット(ぷーさんに出てくるピンクのぶたさん)とお湯につけると広がるというタオルのセット。予期せぬプレゼントにむふふな一日でした。

e0081965_2275676.jpg


左のグリーンの小さな箱が、ボランティア先から頂いたプレゼントで、中味は大学のロゴの入ったマグネットつきクリップとまたまた大学名の入ったステッカー。「車にでもはってね!」と車を持ってないことを知ってて、わざと言うボスなのであった(笑)。
[PR]
by appa_boston | 2006-09-29 23:59 | 生活

ハロウィングッズ

家の前の並木道の街路樹が少しずつ、黄色に紅葉を始めています。あぁ、秋です。秋が一番好きな季節です。なんとなく気持ちが落ち着くと言うかなんというか。春の新しい一年の始まりのワクワクから、夏のドキドキを少し落ち着かせてくれるような、そんな季節な気がします。

しかーし、アメリカにはハロウィンがある!町が、オレンジ、黒、紫色に染まる季節です。どことなーくお祭り気分が漂います。街は、だんだん、ハロウィンの飾り付けが目に付くようになってきました。そして、今日ドラッグストアによったら、あるわあるわハロウィングッズ!かわいい置物や、ドアにかけるリースなどなどなど・・・。眺めてたらほしくなっちゃいました(><)。

来年の今頃は、もうここにいないのかと思うと、「むー、買うしかないかな?」とも思うのですが、たとえ低価格でも、ほしいと思ったものを全部買おうと思ったらかなりの額に・・・。あぁ、どうしましょう。日本に船便で送ろうかしら?ハロウィンまで、まだ一ヶ月ある。それまで悩むことにします・・・(笑)。
[PR]
by appa_boston | 2006-09-28 23:59

再びルームメイト探し

昨日、衝撃的なニュースが我がアパートを襲った。「今度引っ越してくることになってた子が、引越しを取りやめたいって!」とルームメイト。「え?!?!?!?!?!?!」である。正直、目が点。なぜ、この時期に?1日には引っ越してくることになってたのに。ということで、昨日は、ルームメイトたちと緊急会議。とにかくルームメイト探しのサイトにアパート情報を載せることにし、みんなが時間のある翌日(つまり今日)と日曜の夜にアパート見学&インタビューを行うことに。

そしたら、10月1日まで、あと4日しかないのに、来るわ来るわ。アパート見学希望者からの問い合わせメール。結局、本日だけで7人が訪問した。それぞれと話し、全員が帰った後に、どの人がよかったか5星でランク付けすることに(笑)。正直おもしろいのだが、だいたい、みんな気に入った子が同じであった。そして、この子はちょっと苦手だなと私が思った子は、みんなもちょとな・・・と思っていたらしい。みんなの好みが似ていてほっとする。

私は、正直、初対面の人と話をするのが苦手なので、自己紹介をした後は、それぞれの人たちの話を聞いている。混ざれるところでは会話に交ざるが、わりと静かに見ているほうである。もっと話さないとあかんかなーと思うのだが、でもただ黙ってみているだけではないのですよ。ちゃんと見ているところは見ているつもり。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2006-09-27 23:59 | 生活

テクノロジーのなせる業

私にはブラジル人のお友達がいる。実際に会ったことはない。チャットで知り合ったのである。しかも、別の友人とチャットをしていて、その友人から、日本語を勉強している友達がいまオンラインなので紹介してもいいか?との問い合わせに「Sure!」と答えたのがきっかけ。その友人も、カナダに留学していた時の友人を通して、チャットで知り合ったとかで、実際に会ったことはないとか。

さてさて、そのブラジル人のお友達から、先週ブラジルにあるビジネススクール(MBA)に行くことになったと連絡を受けた。おぉ、すごいなーと思っていた矢先、先日チャットで、「12月短期間だけど、○○大学でセミナーを受けることになったんだ!」とチャットで教えてくれた。「え?○○?うちから近いよ!」と私。「え?ほんと?」と相手。「きゃー、じゃあ時間があったら会おうねー!」と盛り上がる。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2006-09-26 23:31 | 感じたこと

明日本番!

以前、在学生と新留学生をマッチングしてペアにし、在学生が新留学生のお兄さん・お姉さん的役割を果たすプログラム(一般的にはバディプログラムと呼ばれている)のコーディネートをしているとお話したかと思います。明日、そのプログラムの参加者を招待して、顔合わせのピザランチパーティーを開催します。このプログラムを任せてもらってほぼ3ヶ月。このプログラムの概要から立ち上げ、このプログラムに参加してもらえるよう、在学生・新留学生向けの案内や申込用紙を作成し、学生達に連絡、申し込み者たちの興味や関心を検討したうえでのマッチング、といろいろと行ってきた。

そして明日、やっとそのプログラムの参加者が集う会を開催する。ふー、ここまでが長かった。そして今日、明日の会の全体の流れをボランティア先のボスと確認していたところ、「ここはどんんな内容を話すの?」とボスに聞かれ「このプログラムの内容や目的です。」と答えると「誰がやるの?」と聞かれる。「え、ボスがやって。」と言うと「This is your thing! You have been working on it!(これはあたなの仕事でしょ。あなたが今までやってきたんだから。)」といい聞かされ、結局私がやるはめに・・・。「But, I am not good at talking in front of people(人前で話すの苦手だし・・・).」とおずおずと抵抗してみると「You'll do it!(あなたがやりなさい!)」と愛のムチが・・・。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2006-09-25 22:37 | 学校生活

思いがけない差し入れ!

昨日、友達のバースデーパーティーに行き、寝るのが遅かったこともあり、朝目覚めたにも関わらず、うごうごとお布団に包まっていたところ、電話が。「今日何してる?」と、先輩Mさんからのお電話。「明日の授業に向けて課題のreadingをする予定です。」と答えたところ、自宅でのネットのアクセスの調子が悪いので、私の家のネットを使わせて欲しいとのこと。そしてそしてなんと、ひじきの煮物と玄米ご飯を“APPAのために”(←はい、ここ重要ですよ!)作ったので、持って行きたいのとのこと!

「きゃ~、ありがとうございますぅ!」だ。先日、最近少し疲れ気味とブログにも書いた。顔色が悪いと(もと保健室の先生をしていた先輩Mさん)心配してくれて、鉄分たっぷりごはんを用意してくれたのだ。ただ単に顔の色が黒いという噂もあるが(日焼けしやすいのね)、でも、涙ものの感激である。

ありがたく頂戴し、先輩Mさんにネットを使って頂きながら、おしゃべり。本当は、私は明日の授業の準備のはずだったのだけれど、ついつい話かけてしまった。だって、日本語で読んでもわけわからなさそうな経済の話なんですもの・・・。なぜか拒否反応(笑)。先輩Mさん、思ったようにメールのチェックやら返事やらができなかったかも・・・。ごめんなさい。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2006-09-24 23:59 | 感じたこと

ブログ開設1周年!!

皆様、本日で、なななななんとブログ開設1周年を迎えましたぁぁぁぁぁぁ!あっという間の、あっという間の一年でした。一年前に、どんなことを考えてブログを書いたかと言うとこちらのような感じでございます。前に住んでいた家の近くにある公園からの景色を載せて、これからいろいろ起こるであろう留学生活に不安と期待で一杯になりながら、日本のみんなに自分の近況を伝えられたらと思いながら書き始めたのを覚えています。でも、気がついたら、自分の癒しとなっていました。書くことによって自分の気持ちを感情を落ち着かせることが出来ているように感じます。

あれから一年。どれだけ成長できたのでしょう?よくはわからないけど、このブログに書ききれないたくさんのことがありました。嬉しいことも、辛いこともたくさんあった。これから日本に帰国するまでもきっとそうだと思う。もう折り返し地点は過ぎた。少しでも成長したぞ!と自分でも、周りからも思ってもらえるように、再びがんばるんばです。
[PR]
by appa_boston | 2006-09-23 23:59 | 感じたこと

so many things to think

最近、頭の中は就職活動のことで一杯。4月、5月に求人が多くでることから、1学期(来年の春学期)お休みを取って日本に帰国し、就職活動をして、夏にボストンに戻って最後の必修であるインターンをやろうかと思った。しかーし、留学生アドバイザーに相談したところ、私の場合、ビザが来年5月末で切れるので、5月まで日本にいた場合、ビザの再申請が必要。となると、夏の3ヶ月にインターンをやるためだけにアメリカに入国するとなると、ビザが発行されない危険性が少なからずあるとのこと。がっぴょーんである。仮に、ビザがでても、アメリカでの入国審査でひっかかる可能性もあるとのこと。がっぴょーんパート2。そんなことになっては困るのである。卒業目前で、最後の単位を取るためにアメリカに入国できないなんてなったら、困るのね。

となると、インターンを出来るだけ早く終わらせて、早く日本に帰国するしか手がなくなった。がしかし、これもプログラム上問題がないかどうか、アカデミックアドバイザーに相談しなければならない。そして、それがOKとなったら、今度はインターンシップアドバイザーにOKをもらわなくてはならない。そしてそして、インターンをやるためには、いろいろな書類を全部自分で準備しないとならない。今日、どんな書類の準備が必要なのか確認をしたらびっくり仰天した。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2006-09-22 23:59 | 英語・新しい表現

毛布をふわ~っと

ルームメイトとまたテレビを見てしまった・・・。勉強するつもりだったのに。だけど、最近ルームメイトとテレビを見るひと時がお気に入り。みんな、それぞれ自分が作ったごはんを食べながら、ソファーに座って一緒にテレビ。「APPAのごはん、おいしそうなにおいするね。」とルームメイト(ちなみに今晩は焼きそばだ!)。「そう?まだ残りがあるから、良かったら食べて。」なんていいながら一緒にテレビ。

見るつもりじゃなかったテレビをみていたら、コマーシャル中に、見ているドラマの後に始まるドラマの予告が。「あぁ~、おもしろそう。え?この後???」と私。NYに住む6人が、ある偶然で、それぞれが少しずつ出会い、知り合っていく、人と人は何かの偶然でつながっているというのがテーマのドラマ。おぉ、おもしろそう。私は、昔から、人と人との縁というものにすごく関心がある。実際、おどろくような縁でつながっていた人が何人もいる。どうしても見たくなった。そしたら、一人のルームメイトが私に付き合って一緒に、その後もドラマを見てくれた。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2006-09-21 23:19 | 感じたこと