ボストンでの留学日記


by appa_boston
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

Winter Time

本日2度目の投稿!日本の皆様にお知らせです。昨夜の12時より、Winter Time開始!日本との時差は13時間から、14時間に変更となりました。日本の現在時刻から、2時間引いて昼夜をひっくりかえせばボストン時間です!1時間得をするWinter Timeは大好きです!
[PR]
by appa_boston | 2006-10-29 23:27 | 生活

セーラム

本日、ハロウィンを直前に控え、魔女狩りが行われたことで有名な町Salem(セーラム)に行って参りました!残念なことにSalem Witch Museumは、30分ごとに行われる魔女裁判のデモンストレーションが、5時まで一杯だったため、入場するのを泣く泣くあきらめ、Peabody Essex MuseumとWitch Dungeon Museumに行って参りました。

e0081965_13171690.jpg

       街のいたるところに魔女をモチーフにした旗や看板が目立ちました!


e0081965_13202917.jpg

              入れなかったSaleum Witch Museum

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2006-10-29 22:55 | 旅行

人生とは・・・

「人生とは楽しむものであって、恐れるものではない」

今日、映画「プラダを着た悪魔」に主演されている女優アン・ハサウェイさんのインタビューをネットでみていたら、完璧主義にたいして、このようにお話されていました。ミスをすることを恐れて、人生が楽しめないなんてナンセンスといった感じで、きっぱりつ発言されていました。

この言葉に、やけに感動し、インタビューをなんども見直してしまいました。私はどちらかというと、ミスをするのが怖いタイプ。だからといって、ミスをしないわけではありません。どちらかというとぽっかりミスをするタイプ。ミスをすると、とことん落ち込むのです。開き直ると言うか、気持ちを立て直すまでに時間がかかるんですね。

今日も、ちょっとしたミスをしてしまっていたので、彼女の言葉は余計に胸に響きました。大好きな(?!)水戸黄門の歌にもあるように「人生楽ありゃ苦もあるさ~♪」なんですよね。怖がりすぎて、縮こまってちゃいけないって思うのですけど、なかなかででーんと大きな態度には出られない。でも、これからは彼女の言葉を胸に、もう少し強くなれるよう頑張ってみようかな。
[PR]
by appa_boston | 2006-10-28 23:59 | 英語・新しい表現
本日、リサーチも兼ねて日本語を勉強している外国人&ボストンにいる日本人のlanguage exchangeの集まりに参加して参りました。日本人は、私と私の友人をいれて6名で、他はアメリカと香港からの留学生でした。日本食屋さんで開かれたこの会なのですが、意外や意外に楽しかったです。

皆さん、日本に留学していたと言うよりは、日本で数年働いていたと言う方たちがほとんど。日本語も上手な方が多くて、すごいな~と感動。中学校の頃から、英語を勉強している私は、こんなに長いこと勉強して、こんだけのレベルなのに、みんな2-3年日本に暮らしただけで、どうしてこんなに上手になれるのー(TT)と思ってしまいました。

さてさて、そんななか出会ったステキなパパさんをご紹介させてください。日本は福岡に2年間住まわれてお仕事をされていたというこのパパさん。12歳になるお嬢さんが、ハロウィンのトリック・オア・トリート(近所を仮装して歩き、お菓子をもらうというもの)を、今年は男の子と行く約束をしてきたんだ!と、とても心配しているのです。きゃー、かわいい!父親ってそういうものなんでしょうね。12歳なら、まだまだお子ちゃま、だいじょうぶよーって思うのですけど、二人の娘を持つ父親としては、かなり心配らしい。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2006-10-28 23:59

NAFSA Regional Conference

今年5月にカナダはモントリオールでNAFSA National Conferenceに参加したのは、覚えてくださっている方も何人かいらっしゃるかと思います。来月11月は、そのRegional(地域版)NAFSA Conferenceに参加してきます。

NAFSAは、アメリカ国内は、各地域ごとにわかれて、この時期に別にConferenceを行うのです。マサチュセッチュ州は、NAFSA Regional XIに属します。お近くロードアイランドでのConference、今から楽しみです。モントリオールでボランティアをした際にお世話になったヴァーモント州の大学の方たちもみえるかもしれません。そしたら、久々の再会です。久しぶりにメールでもしてみようかな?

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2006-10-27 23:59

あぁ、満足!

本日二つ目の投稿。といっても一つ目の投稿は今朝したので、投稿するのが2度目という気はあまりしないのですけどね。

今日は久しぶりに、ちゃーんとしたごはんを作ってみました。といっても、私のちゃーんとは、皆様にとっては手抜き料理かもしれません・・・(^^;)。最近、自分のリサーチ等で忙しく、リサーチに協力してくれる人と外食をしたり、カラオケに行ったりと、プライベートな時間がなかなか持てなかったため、ろくにお買い物に行く時間も無く、本当にまともな食事を家でとっていなかった私。外食をしているのだから、ちゃんと食べてはいるのですけど、リサーチしながらの食事となると、気が抜けないし、たまには家でゆっくりと落ち着いて食べたいですよね?それに、家で食事をしても、本当に簡単に作れてしまう麺類を、ずずっと食べては、ひたすらペーパーを書くというような生活だったので、常に疲労感がとれなくて、まずいな~、このままじゃと思っていたのです。

なので、今日は思い切って(少しペーパーのことは忘れて)、ごはんを作るぞーと作ってみました。メニューは、ごはん(あたりまえか)、お味噌汁、豚キムチ、納豆。豚キムチは疲労回復と思って、本日買ったにんにくのすりおろしを油で炒めて、その後に、たまねぎ、ねぎ、キムチに豚肉を混ぜて作りました。ちょっと酸味のあるキムチだったので、お醤油とお砂糖も加えてみたりなんかしました(適当すぎてごめんなさい。作り方間違ってたらお許しください!)。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2006-10-26 23:36 | 食べ物&料理

インタビュー

みなさま、ご無沙汰しております。自分でもびっくりするぐらい忙しい今日この頃。ブログのアップが滞ってしまい失礼いたしました。おそらくこの忙しさは、今学期中続くのかなと思っております。3クラス履修しているクラスのうち、2つで、定期的に人に会ってインタビューをしなくてはならず、インタビュー、ペーパー、グループメンバーとの打ち合わせなどなどで、週末にも人に会っているため、自分ひとりの時間がないとしおれてしまうAB型の私は、最近やや壊れてきております。

さて、自分のことは脇に置いといて、今朝、課題の一つであるインタビューを終わらせたところです。ボストン内にある大学のカウンセリングセンターに電話をかけ、同じ大学内にある留学生センターとどのように協力して業務をこなしているのか、留学生を取り扱う上で、気をつけていることはないかなどなどインタビューさせていただきました。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2006-10-26 10:21

反省

昨日、バイト先で交代の子が現れず困ったと言う話をブログに書きました。本日、メールをチェックしたところ、その子からメールが入っており、交通事故に巻き込まれていたことが判明。何の連絡も、その後入ってきていなかったので、もしや何かあったのではと心配をし始めていたら、やはり、こちらに何の連絡もできない状況にいました。ぶつぶつとブログに文句を載せてしまった自分を恥じ反省しました。ということで、彼女に心の中でごめんねと謝りつつ、昨日のブログは削除しました。私自身、後続車からこつんとあてられてムチ打ちになったことがあり、その辛さはよくわかるので、彼女が早く良くなってくれることを心から祈るばかりです。
[PR]
by appa_boston | 2006-10-22 20:08
昨日のことになってしまうのですが、BASSAミーティングに参加しにBridgewater State Collegeまで行って来ました。BASSAミーティングとは、New Englandエリアにある大学等のStudy Aboar Officeで働く方たちが集まって、いろいろな問題等について話し合うミーティングです。

Bridgewater State Collegeは、ボストンからだと電車を乗り継いで1時間半ほどかかるところにありました。静かな郊外でIowaラバーな私としては、ここに住みたい!と思うほど、静かで、広大な景色が電車の窓から見えました。

電車のチケットを買う際、Waterbridgeだったか、Bridgewaterだったかわからなくなり、「Can I have a round trip ticket to Waterbridge?」というと、係りの方が怪訝な顔。もしや駅名間違えたかと思い「Ah, Brdigewater station? maybe?」と言ってみると、「Oh, Bridgewater!」とわかってくれました。やはり駅名がさかさまになっていた(笑)。そこで、間違えてごめんねと謝ると「That's O.K. You were close!(そんなのいいよ。おしかったね!)」と言ってくれました。こういうやりとりって日本でだったら、あまりないよなぁと思ってしまいました。こういう気の利いた受け答えができるようになるといいなぁと思うのですが、これはなかなか簡単に身につくものでもなさそうで、修行が必要です。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2006-10-18 23:59 | 学校生活

キャリアカウンセラー

今日は、私の通うキャリアリソースセンター(就職課)主催の、インタビュー(面接)講座が開かれたので参加してきました。こちらでインターンシップ先を探す際や就職活動用に、アメリカのインタビューではどのようなことが質問として聞かれるのか、またその答え方、服装や握手の仕方など、いろいろと教えていただき、ためになることが多かったです。やはり、今までに社会経験があるとはいえ、日本のやり方が通用しない場合もあるので、留学生向けに、このような講座を開いていただけると非常に助かります。

そこで、ふと気がついたのですが、今日お話をしてくださったスタッフの方は、ご自分のことをキャリアカウンセラーとご紹介されました。こちらでは、大学の就職課の中で、専門職としてキャリアカウンセラーというポジションが確立されているのですね。私が将来仕事にしたいと思っているInternational Student Advisorもそうです。留学生アドバイザーとして、専門のポジションが確立されています。逆に学生を海外に送り出すStudy Abroad OfficeもStudy Abroad Advisorとしての専門職の口があります。その分野での専門知識を持ったスタッフがいるというのは、日本の大学と異なるところだなと思いました。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2006-10-17 20:30 | 英語・新しい表現