ボストンでの留学日記


by appa_boston
カレンダー

<   2006年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

今年もあとちょっと

今年も、あとちょっとで終わろうとしています。今朝の10時、日本時間2007年0時0分に日本に電話をして家族と新年を祝いました。日本は、もうとっくに2007年なのですよね。テレビでは、ボストンで、NYのタイムズスクエアで新年を祝うイベントが行われている模様が放送されています。

今年もいろいろなことがありました。日本から、家族から離れているということから、いろいろ不安になって、泣いたり、おこったり、嬉しかったり、楽しかったり、喜怒哀楽もりだくさんな一年でした。大変なことの方がしめている一年だった気がするけれど、でも振り返れば、とっても良い一年だった気がします。大変なこと全てが私の中で肥やしとなって、一回りも二回りも大きな人間にさせてくれていることを祈るばかりです。あまり変わってなかったりして(笑)。

あとちょっとで卒業です。卒業したら日本に帰ります。日本の皆様、これからもどうぞよろしくお願いいたします。ボストンのみんな、残り1学期も、みんなで一緒に頑張ろうね。卒業してからもよろしくね。

それでは、ボストンからI wish you a happy new year!!
[PR]
by appa_boston | 2006-12-31 23:51 | 感じたこと

お買い物♪

も~い~くつね~る~と~♪お正月ですね~♪ということで、本日、またまたNちゃんと先日Mr.Xとなって、Nちゃん&APPA警官隊から無事逃げ切ったNちゃん旦那様とIKEAに行って参りました。昨年、日本にも出店したIKEAはスエーデンの家具屋さん。

何を買いたかったのかというと、実はマットレスが買いたくて行ったのです。前に住んでいた人が、この部屋で土足で生活をしていたので、掃除機をかけて、ファブ○ースをしても、どうも床にゴロンと転がることに抵抗がある私。でも、お手ごろな値段で丁度いいサイズがなかったため、マットレスは断念。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2006-12-30 23:59 | 生活

おまけブログ

一体いくつブログをアップしているのでしょうね・・・。実は、本日IKEAへ行く前に、アメフトチームのペイトリオッツのチームのスタジアムに行きました。というのも、Nちゃん&その旦那様はアメフト好き。先日、試合観戦をした際に、ペイトリオッツのグッズを購入されたそうなのですが、サイズ変更をしたいということで、IKEAの前に、まずそちらへ寄りました。

アメフトに関しては、知識ゼロの私は、ほいほいほ~いと言われるがままついていったのですが、スタジアムを見てびっくり&カッコイイ~と正直思ってしまいました。こんなところで試合が見れたら、アメフトのアの字も知らなくても好きになっちゃうだろうなぁと思ってしまいました(笑)。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2006-12-30 23:59

フリーダムトレイル

12月29日、祝・フリーダムトレイル完歩!フリーダムトレイルとは、ボストン市内の歴史的建築物や歴史的な場所が赤いラインで結ばれており、その赤い線に沿って歩けば、ボストンの歴史的観光名所を見て回れるというもの。これ、ずーっと気になっていたのですけれどね、なかなか忙しくてチャレンジしている時間がなかったのです。今年は暖冬ということもあってか、雪もまだ降っていなかったので、チャレンジすることに。お友達Nちゃんも同行してくれて、二人でむきむき歩いてしまいました。朝の11時に待ち合わせをして、ボストンコモンから出発し、時々ショッピングやランチ休憩をしながら、最終地点のUS Constitutionに到着したのは午後3時半。さすがに、良い運動だったのか、家に帰ってからは夜更かしをすることもなくぐっすり眠れてしまいました。

e0081965_1692196.jpg


      これがフリーダムトレイルの赤いライン。その先に見えるのは、州会議堂。

e0081965_16105365.jpg


     そして、こちらが独立宣言が読まれたことで知られている、旧州会議堂です。
[PR]
by appa_boston | 2006-12-29 23:59 | 旅行

スコットランドヤード

最近はまっているボードゲームがある。その名も「スコットランドヤード」。シャーロックホームズや名探偵ポワロが好きな私は、むふふと笑ってしまうタイトル。最大で6人でプレイできるのだけれど、いわゆる「刑ドロ」ゲームである。

5人の警官が、ロンドンの街を逃げ回る一人の犯人を追いかけるというもの。逃走手段は、1.タクシー、2.バス、3.地下鉄。ロンドンの町並みが描かれているボードの上には、この3つの交通手段で逃げるためのルートが描かれている。犯人になった人は、スタートポイントを決めるカードをめくり、そこから逃走ルートを考える。警官もスタートポイントを決めるカードを引き、カードに示された番号の位置に自分のコマをおく。犯人は、自分のスタートポイントを、初めの時点で警官に知らせる必要はない。配置された警官の位置と自分の位置から、ボード上に描かれた交通経路を見て、うまいこと24回コマを進める間につかまらずに逃げ切れば(ただしどの交通手段を使ったかを伝えなければならない)、犯人の勝ちというゲーム。ただし、この24回のうちの何回目かに、自分がどこにいるのかを警官に知らせなければならない。このときが警官にとっては、チャンス!その犯人の現在位置を確認した後、犯人がどの交通手段を使ったかを聞き、逃走ルートの予測をたて、追い詰めていくというもの。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2006-12-28 23:59

大掃除

実は、今週に入ってから少しずつ、大掃除を始めている。我がアパートは3階建ての1軒屋なのだけれど、1階は若い夫婦で入り口が別にある。私達は、1階の別の玄関から入り、階段を上がって2階と3階が私達のスペース。この1階玄関を入ったすぐの階段が汚かったのである。私が引っ越してきたときからずーっと気になっていた。でも、学校が忙しくて掃除をしている暇がなかった。この冬休みがチャーンスとばかりに、ほうきで掃き始めました。我が家はキッチン以外は、すべて絨毯がしいてあるのです。なので本当なら掃除機の方がきれいになるのですが、こちらの掃除機は、昨日のバーガー同様デカイ!従って重い!なので、ほうきとちりとりなのです。

せっせこせっせこ掃いたら、とーってもきれいになりました!あぁ、満足!引っ越してきて早くも半年。この半年間、玄関に入るたびにいらいらしていたこの汚れ様ともおさらば!これで、新年もきちんと迎えられる!とうっとり。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2006-12-28 23:55 | 生活

でかっ!

アメリカ人クラスメートと日本人クラスメートと私のボストン居残り3人+トルコ人帰国留学生の4人で集まり、ランチを一緒にとりました。私は10分ほど遅れて到着したのですが、彼女達はすでにバッファローチキンウィング(手羽のピリ辛ソース和え)をおつまみに頼み、各個人で頼む分は後回しにして待ってくれていました。

さてさて、バッファローチキンを堪能した頃に、「で、ランチは何を注文するの?」とウエィターさん。トルコ人留学生とアメリカ人クラスメートは、以前から好きだったものがあったらしく「ヴェジーバーガー(ベジタリアン用のハンバーガーなのでお肉は使ってません)」を注文。話に夢中でメニューを見ていなかった私は「じゃあ、私もそれ!」とまねっこ。すると、もう一人の日本人留学生ちゃまが「そのバーガーって、どのくらいの大きさ?」とウエィターさんに確認。

「まぁ、普通のサイズだよ。」との答えに、彼女も決意したらしく「じゃあ、私もそれ!」とのこと。4人みんな同じもの。笑える!

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2006-12-27 23:59 | 生活

しばしのお別れ

明日、トルコ人のクラスメートが国に帰ってしまう。彼女は、インターンシップを自分の国ですることに決めたのだ。通常の説でいうと、将来就職したい国でインターンをするのがベストといわれている。なので、彼女はそれを実行したタイプ。私は、日本の大学では働いた経験があるし、アメリカの大学がどのように国際交流に対して向き合っているのかを知りたくてこちらに来たので、アメリカに残ってインターンをすることに決めた。

インターンの話はさておき、彼女に別れを告げるため、本日彼女のアパートを、別の日本人のお友達とご訪問。この日本人のお友達も明日日本に帰ってしまう。そして、年明けこちらに戻ってくるが、インターンがNYで決まったので、戻ってきてもすぐにバイバイだ・・・。

うーん、みんないなくなっちゃう。去年の9月にこちらに来て、みんなで一緒に勉強をスタートさせたばかりだというのに、たったの一年半で、みんながそれぞれの道に進んでいく。やりたいことを目指して進んでいくのだから、めでたいことなのだけれど、やはり別れは淋しい。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2006-12-26 23:59 | 感じたこと

まだまだクリスマス

昨日今日と街をねり歩き、クリスマスツリーの写真を撮ってきました。と言っても、個人的な感想としては、日本の方がクリスマスモードは盛り上がっていると思います。やはり、こちらは家族みんなで家でクリスマスを過ごし、後は教会に行くと行った感じのようで、町中のお店もレストランもそうそう閉まってしまい、街を歩いている人はとても少なかったです。駅員さんに「メリークリスマス!」と声をかけられて、初めて「うーん、アメリカのクリスマスっぽい!」と思えました。(^^;)。

e0081965_1413132.jpg
ボストンコモンのツリー。











州会議堂。手前にあるのは、
キリストが生まれた瞬間を
再現した模様。e0081965_142870.jpg









e0081965_1433270.jpg
トリニティ教会。











トリニティ教会近くのホテルの
中でみつけたツリー。
きれいですね♪e0081965_144850.jpg
[PR]
by appa_boston | 2006-12-25 23:57 | 旅行

blow out a fuse

実は、我がアパートの掃除機がけ当番に今週末当たっていた私。クリスマスイブもそっちのけで、家の掃除機をかけていると、突然掃除機が動かなくなった。「え?うそ・・・。」冷や汗・・・。もう一つ掃除機があったので、代えてみる。そっちも動かない・・・。「うーん、ヒューズが飛んだかな・・・?」

自分の部屋に掃除機をもって移動。スイッチを入れる。「ぶいーん」動いた。やっぱりヒューズが飛んだらしい。がしかし・But・However・・・。ヒューズが飛んだってなんていうの?ヒューズの場所もわからないし、はたして日本とおんなじ形をしているのかもわからない。

ルームメイトに「ごめんねぇ。」のメッセージを残そうにも表現がわからん・・・。辞書を引いてみた。「blow out a fuse」って書いてあった。「なーる。」と思っていると、2階に住んでいるルームメイトが「あっぱ、ヒューズが飛んだの?」と聞いてきた。どうやら、彼女の部屋の電気も止まってしまったらしい。ひ~、ごめんなさい。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2006-12-24 23:59 | 英語・新しい表現