ボストンでの留学日記


by appa_boston
カレンダー

<   2007年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

「世界がもし・・・

100人の村だったら」のテレビ放送を今日見ました。今回で5回目となるこの番組。いつも、うーんと考えさせられてしまう。世界中の子供をドキュメントで追いかけている番組。今回は、エチオピアで金の採取をしている9歳の男の子、10歳で軍隊の訓練を受けているロシアの男の子、そして、12歳でごみの山をあさり売れるごみを探すフィリピンの女の子の話でした。このフィリピンの女の子は、2年前に放送された際にも紹介された女の子で、前回よりちょぴり大人っぽくなっていました。

みんな、貧しい家族を支えるため、小さいうちから働いて、おなかがすいても、仕事がきつくても、文句一つ言わず働いている。「ボクが働かないとお母さんにお金を渡せないから。」とか「学校に行って勉強がしたい。」なんていいながら過酷な労働環境のもと働いている。

ロシアの男の子は、父親が亡くなったあと、母親に虐待を受けていたところを、おばさんに救われ、今はおばさんと二人きりの生活。お父さんの強くなって家族を守れという言葉に従い、自分を助けてくれたおばさんをテロや戦争の脅威から守るため、自ら志願して軍隊の訓練を受けてる。「家族を守るためだもん、戦争にだって行くよ。本当にいいのは、戦争がないことだけどね。」と、まっすぐした目をして答えてた。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2007-06-30 23:59 | 感じたこと

Dating!

意味深なタイトルですが、今日は、ボストンでクラスメートだった大好きNちゃんと地元でデートしてまいりました!なんて、書いたらNちゃんの旦那様にやきもちを妬かれてしまうかしら?今日は、部屋の片付け(ボストンから2ヶ月かかって届いた船便の荷物が、まだダンボール二つ分残っている)なんてしようかなぁと思っていたら、Nちゃんからの突然のメール。私の地元の隣の町に来る予定があるので、午後都合がよければ会おうか?とのこと。うほほーいである。先日、Jくんと鎌倉へ行くのに会ったばかりだけれど、大歓迎である!

私のわがままで、私の地元の駅前で会うことにした。姉もちょうど駅前に用事があるということで、車で送ってもらったのだけれど、昨年姉がボストンに来た際、姉もNちゃんにハーバードなどを案内してもらっているので、ご挨拶だけしていくことに。

ほんの1週間ぶりくらいなのだけれど、髪をかわいく短くきったNちゃん。暑いせいもあったと思うのだけれど、スカートなんてはいちゃって。あら、かわいい。Nちゃんだと気づくのに、一瞬時間がかかってしまいました。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2007-06-29 23:59
さてさて、ナンタケット島旅行記も本日が最終回です。日本の雑誌で、最近とりあげられることが増えてきたこのナンタケット島ですが、まだまだ日本の皆さんには馴染みの薄い島なのではと思い計5回にわたってお送りしております。本日は、私と両親の二泊三日の旅行の最終日についてお送りします。

最終日は、もちろん、お土産買いまくりdayでございます。メインストリート沿いには、いろいろなお店があるのですが、今回、私は卒業祝いと称して、両親にナンタケットバスケットのモチーフがついたシルバーのブレスレットをプレゼントしてもらいました。あ、て、このブレスレットの写真がなかった。。。ごめんなさい(><)。今度アップしますね。お土産屋さんは、どこを見てもかわいいです。いわゆるお土産屋さんもありますが、昨日ご紹介したような名産のクランベリーを使用したチョコレートのお店や、ナンタケットバスケットを売るお店や、海にちなんだグッズを売っているお店や、意外と絵など(ナンタケット島の風景のものが多い)のアートや工芸品を売っているお店も目立ちます。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2007-06-28 23:59 | 旅行
こんにちは!本日も引き続きナンタケット島についてお知らせします。今日は、町でみかけた看板のご紹介です。

e0081965_23375839.jpg
こちらは、Whale Museumのはす向かいにあるアイスクリーム屋さんのかんばんです。かわいいでしょ?アイスクリームの種類は豊富で、お味もとーってもおいしかったです。両親と3人で分けて食べあったのは、ブラックベリーのアイスクリーム。姉と甥と食べたときは、たしかクッキーアンドクリームだったかな?もしかしたら、チョコレートだったかも・・・。






e0081965_23395520.jpgそして、こちらは何のお店だったかのぞくのを忘れたの
ですが、船の形の看板がかわいくて、一枚写真をとって
みました!








e0081965_2341187.jpg
こちらは、看板ではありませんが、ディスプレーがかわいかったのでご紹介。チョコレート屋さんです。ナンタケット島の名産であるクランベリーをチョコでコーティングしたものを売っています。試食もさせてくれるのですが、おいしかったですよぉ♪ディスプレーされているのは、ナンタケットバスケットに入って売られているチョコレートです。






e0081965_23422932.jpg
そして、こちらはSancaty Head灯台が描かれている缶に入ったチョコレート。これ、60ドルくらいするんです。ひょえ~なお値段でしょ?でもね、良い記念にもなるし、かわいいし。。。両親におねだりしてしまいました!あははん♪




ということで、ナンタケット島旅行記も、明日のパート5でいよいよ最終回です!
[PR]
by appa_boston | 2007-06-27 23:35 | 旅行
今日は、ちょっと遅くなって深夜のブログアップとなっております。すみません。(^^;)。さてさて、本日は、ナンタケットで見かけたこ~んなものをご紹介。

e0081965_122042.jpg
これは、Whale Museumの上に設置されていた風見鶏。そう、これ、くじらの形をしているんです。かわいいでしょ~?他にもかわいい海に関連したものの風見鶏をたくさんみかけたので、お写真紹介しますね。



e0081965_1231834.jpg

小さくてわかりずらいかな?こちらは、たくさんの帆を張った海賊船のような船です。







e0081965_1243192.jpg
さてさてお次は~、ヨットです!

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2007-06-26 23:59 | 旅行
さてさて、お約束のナンタケット島旅行記パート2です。この日は、朝から島のバスツアーに行って来ました。ナンタケット島は、ブーメランのような三角形をした小さな島。その主要な観光スポットを20人乗りくらいの小さなバスに乗って周る、約一時間のツアーです。


e0081965_22453523.jpg昨日紹介したBrand Point灯台は、口頭で説明をすませ、右手にちらっと見えますよ~との説明のみ。なぜって、ビーチの中にバスは入っていけないので。。。行きたい人は、ツアーが終わったら歩いていってみてね~とのことでした。ということで、まず最初に訪れたのが、こちら「The Oldest House」です。島で一番古い建物です。ナンタケット島は、このような壁が杉でできたグレーの家がほとんど。別名Gray Lady Islandと呼ばれております。




e0081965_22503768.jpgそして、その次に周ったのが「Old Mill」。こちらは、風車なのですが、私達が訪れたときには、風車の羽がついていませんでした・・・。どこにいっちゃったのぉ???(TT)








e0081965_22523114.jpg
そして、こちらがBrand Point灯台に続いて、島に3つある灯台のうちの二つ目のSancaty Head灯台。そして、この手前の広々とした土地はゴルフ場でございます。ナンタケット島は、高級リゾート地なのですが、会員制で、会員から招待されないと入会できないゴルフクラブがあるとか。そして、あのクリントン大統領に対し、お知り合いがいないのであれば入会できませんと断ったという逸話があるそうです。す、すごい!

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2007-06-25 22:42 | 旅行

友達からの吉報!

ちょっと嬉しい知らせが入ったので、ブログをアップします。あ、ナンタケット島旅行記の続きは、また後でアップしますね。

昨日、ボストンの友人から、お友達全員にあてたメールが届きました。なんと就職先決定!メデタイ!彼女は、私がボストンに渡ったときから、ずーっとライティング・チューターとして、私のペーパーのグラマーチェックをしてくれていた。とーっても頭のいい彼女。TA(Teaching Assistant)として、クラスの中で、先生のサポートもしていた彼女。一年先に卒業した、私のよき先輩でもあり、よき先生でもある。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2007-06-25 10:57

ナンタケット島旅行記

ずーっと前に、アメリカに戻った際のブログを写真とともにアップしますねなんていいながら、ずるずるときてしまったので、今日から少しずつアップしていきます。内容的に、アメリカ訪問中に書いたものと重なる部分があるかとは思いますがお許しくださいませ~(^^;)。

e0081965_18105380.jpg
まずは、ナンタケット島から。ボストンは、サウスステーションにあるバス乗り場から、長距離バスに揺られること1時間半のところ(ハイアニスという街)から、高速フェリーに乗ってナンタケット島へ向かいます。






e0081965_1815174.jpg
そして、フェリーに乗ること一時間!まずはホテルへ!こちらが、今回のお部屋。壁紙から何からかわいいでしょ~♪ベットの反対側には、私が寝たソファベッド(籐でできてます)があります。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2007-06-24 18:04 | 旅行

受けてきました。

受けてきました、適性検査、その名もSPI。問題集を買って、短期間でがんばって勉強したけれど、その結果は、いかがなものかは不明です。半分できてたらいいなぁって感じでしょうか・・・。(^^;)。

事前にインターネットでテストセンターに希望の日時の予約を入れたのですが、実際行ってみると、た~くさんの人・人・人。いろんな企業が、この適性検査を行う業者に依頼をして、一括で適性検査を行っているみたいです。

予約表と顔写真つきの身分証明書で本人確認をされた後、番号表を受け取り、名前が呼ばれるまで待合室で待ちました。その後、計算用のメモ用紙、シャーペン、荷物を預けるロッカーの鍵と、私が使用するコンピューターの番号が書かれたものと、そのコンピューターにたどり着くまでの道順が書かれた用紙を受け取りました(指示された道順でコンピューターまで辿りつかないといけないんだそうです。)。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2007-06-23 18:50

See You, Jくん!

今日、ボストンで知り合ったM先輩のボーイフレンドJくんがドイツへと旅立って行きました。約1週間の滞在中、二日間しかお供することができなかった私。はたして、彼は満足いく旅ができたのだろうかとやや心配。。。

最後にもう一度バイバイを言おうと、昨夜ホテルに電話をしたところ、まだ帰っていないとのことで断念。すると、今朝空港から電話をくれました。ひとまず、就職活動で、履歴書書いたり、面接受けたりで、あまり案内できなかったことを誤った。すると「こんなに時間をとってくれるとは思ってなかったから、十分だよ。」と言ってくれるJくん。受け入れ交換留学生のケアをする仕事をしていた私としては、なんだか申し訳ない気持ちで一杯。

公衆電話から、私の携帯に電話をしているということもあり、長々とはお話ができなかったのだけれど、今日も面接が入っていることを知っている私に対して「面接がうまくいくように祈ってるからね~。」と言われ、それに対して「ありがと~。」と返事をしたところで電話が切れた・・・。

続きを読む
[PR]
by appa_boston | 2007-06-22 22:55 | 感じたこと